多肉植物の寄せ植え

多肉植物は、肉厚の葉や茎に水を貯えることができる植物の総称です。種類も豊富で、水やり間隔も長く、室内で育てることができるので、手軽に楽しめるガーデニングとして大人気です。

 

一つでもカワイイのですが、今回は寄せ植えで楽しむ方法をご紹介します。
揃えるものは、お気に入りの容器(穴があいてないもの)と多肉植物用の土、根腐れ防止剤(ミリオン)と、多肉植物2~3個です。

 

始めに容器の底に根腐れ防止剤を少し入れます。

 

次に多肉植物用の土を容器半分程度の高さまで入れます。

 

一番背の高い植物を始めに植えます。茎の根元を軽く持ってポットから取り出してください。

 

根についてる土は半分以上取り除いてください。ほとんどの土を取り除いても問題ありません。

 

容器の中央に置き、次に背の低い植物を植えるために専用の土を少し足してください。

 

割り箸等で根の周囲を軽く突いて空洞を埋めるようにしてください。

 

他の植物も同様に入れてください。

 

植物の周囲に土を足し、割り箸などで軽く突いて容器全体を平らにしてください。

 

グリーンネックレスのようなつる性の植物は全体に絡めるように配置するのも良いです。

 

植えた直後は容器の半分程度を目安に水を入れてください。湿度が高い夏は月に数回の水やりで十分です。

 

これで完成です。

いろいろな容器に植えたり、様々な種類の多肉植物を組み合わせて、手軽に楽しめる寄せ植えを楽しんでください。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー一覧

タグ