苔玉の作り方

作り方をご紹介します。

 

用意するもの
ケト土、赤玉土、苔(今回は乾燥ゴケ使用)、細いワイヤーと植物2つ

 

ケト土は、湿地に生えるアシやヨシが長い間堆積してできた粘りのある土で保水力があります。

始めに赤玉土とケト土を1:2程度の割合にして混ぜ合わせてください。

 

赤玉土がほぐれ、軽く丸めてくずれない程度が混ぜ合わせの目安です。

 

植物をポットから外して根土を半分程度取り除いてください。

 

練った土を手の平に収まる程度に広げ、その中に植物を納めてください。

 

練った土で全体を球状にまるめ、その表面にかるく水吹きしてください。

 

土の表面なでるようにしながらきれいに仕上げてください。

 

乾燥苔を水の中に入れてたっぷり水分をしみこませ、ギュッと握るようにして水気を切ってください。

 

苔を平らに広げ、その中央に球状に仕上げた植物を置いてください。

 

丸い土全体を苔で覆うように手の中で軽く握ってください。

 

苔がほぐれないようにワイヤーを巻き付けてください。

 

お気に入りの皿などの上に置いて完成です。

 

お皿には水をきらさないよう、苔の表面が乾いたら霧吹きなどで水やりをしてください。植物の組み合わせでいろいろ楽しむことができます。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー一覧

タグ