画鋲の穴・めくれ・割れ目などクロス壁紙の補修方法

 時が経つと、壁全体に傷や黄ばみなどの汚れが目立ってきます。小さな汚れや傷でも、目にすれば気分が沈んでしまいます。特に小さなお子さんやペットがいると劣化が激しく、壁紙の剥がれなどの損傷も覚悟しなければならないので、家具で隠したり諦めて放置したりしていませんか?

 そんなときは、お手軽にできる部分的な補修にトライしてみませんか? ケースごとに、必要な道具と正しい方法をわかりやすく解説します。

1章:賃貸の場合は自分で補修してもOK?
2章:壁紙を劣化しやすくする原因
3章:壁紙の補修で使える便利グッズ
4章:小さな穴の補修
5章:壁紙のめくれ
6章:壁紙の落書き
7章:壁紙のヒビ割れ・割れ目
8章:壁紙の大きな破れ
9章:壁紙の浮き
10章:壁紙のつなぎ目の隙間
11章:カビが生えている

1章:賃貸の場合は自分で補修してもOK?

 壁紙はインテリアの一部です。汚れや傷が目立つとせっかくのおしゃれな部屋もイメージがダウンします。持ち家の場合は、壁紙の汚れや傷が気になったらすぐに補修することができます。しかし、賃貸の場合は少し、勝手が異なります。

 賃貸物件を退去するときには、基本は原状回復を行う必要がありますが、オーナーや管理会社が方法や定義を決めるので、自分で補修しても認められない可能性があります。そのため、勝手にDIYで補修をしてしまうと契約違反と見なされる場合があります。そして、クロス・壁紙などの消耗品は経年劣化が考慮され、オーナーの負担になります。

 国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、入居後4年で約50%の補修費用を賃借人が負担します。入居後6年を過ぎると、賃借人の負担の割合はグッと減ります。ただし、カビやタバコの原因による黄ばみなどは対象外になり、賃借人が補修費用を負担するので注意してください。経年劣化の可否は、入居時の契約内容もチェックするようにしましょう。また、DIYで補修が必要な場合は、オーナーや管理会社に相談しましょう。

2章:壁紙を劣化しやすくする原因

 壁紙を接着しているのりが、時間が経過して古くなると、壁紙のつなぎ目が浮いたり、めくれたりする問題が発生してしまいます。さらに、子供やペットがいる家庭では、傷や落書きなどの問題も抱え、生活スタイルによって問題の症状もさまざまです。

●主な劣化症状
・画鋲などによる小さな穴
・壁紙のめくれ(破れ)
・壁紙のヒビ割れ・割れ目
・壁紙のつなぎ目が浮く
・壁紙のカビ
・クレヨンや油性ペンなどの落書き

 しかし、こうした症状もホームセンターなどで購入できるグッズでお手軽に対処できます。補修方法は症状によって違うので、トラブルにマッチした専用のアイテムを選んで対処しましょう。

3章:壁紙の補修で使える便利グッズ

ジョイントコークは万能タイプの優れもの

 壁紙の補修には、トラブルのケースに合わせてグッズを選んで使えばよいことを紹介しましたが、1つのグッズでさまざまな補修に対応してくれる優れものがあります。それが、チューブ式のコーキング剤「ジョイントコーク」です。
 コーキングと聞くと、クロス職人などが手がける本格タイプをイメージすると思いますが、これは初心者でも簡単に使うことができます。

このカテゴリーのオススメ記事

No image

カテゴリー

タグ