クロス壁に空いた小さな穴やつなぎ目から剥がれてめくれてしまったり、部分的にやぶれてしまったりなどクロス壁のトラブルは年月が経ってくると起こりうることです。周囲がまだきれいな場合は全面の壁を貼り替えるのはもったいないですよね。しかしそのままにしておくと部屋の雰囲気が台無しになってしまいます。そんな時に手軽におこなえる部分補修方法をご紹介します。
ポスターや額、棚を飾るために空いてしまった小さな穴。取り外してしまうと意外と気になります。こういったクロス壁の穴はクロス専用穴埋め剤を使うと簡単に補修することができます。ヘラが付属でついているので、準備にも手間がかかりません。色は白やアイボリー、ベージュなどから選ぶことができます。
・クロス専用穴埋め剤(付属品のヘラ)
・雑巾
1. 穴の周囲が盛り上がってしまっている場合は付属のヘラで押さえて、盛り上がりを平らに慣らします。

2. 穴の周囲を固く絞った雑巾で掃除をしてホコリや油分をきれいに拭き取ります。

3. クロス専用穴埋め剤を少し多めに入れます。
4. 表面を専用のヘラを使ってなでて、余分を取ります。そして乾燥させて出来上がりです。
穴埋め剤の他にクロスの傷や汚れ隠し、穴埋めとして使える修正テープタイプも販売されています。他にはシーリング材でも代用することができます。
壁紙のつなぎ目箇所がめくれてしまうことがあります。そのままにしておくとさらにめくれが大きくなることもあるので、早目に補修をおこないましょう。壁紙の一部が破けてなくなってしまっている場合は「大きなやぶれ」の補修をおこなってください。
・クロス専用接着剤   ・雑巾
・筆          ・ローラー
1. めくれてしまった壁紙の裏と壁を固く絞った雑巾でホコリや油分をきれいに拭き取ります。汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤を使って掃除しましょう。その場合は必ず洗剤分が残らないようにきれいに拭いて下さい。
2. クロス専用接着剤は筆を使って薄く塗り広げていきます。接着剤の蓋に刷毛が付属しているタイプもあり、刷毛を洗わずに元に戻せるので便利です。めくれの奥側から接着剤をつけていきます。
3. 全面に接着剤を付け終わったら、元の通りに貼り付けます。
4. つなぎ目を中心にローラーでな圧着していきます。すき間が出来てしまう場合はつなぎ目に向かってローラーを動かします。つなぎ目が重なったしまう場合はつなぎ目から外側にローラーを動かしてください。
5. 巻き癖が強く、戻ってしまう場合はピンやマスキングテープで半日ほど止めておきましょう。

もしつなぎ目にすき間が出来てしまった場合はクロス専用穴埋め剤を使って目立たなくなるよう補修することができます。
クロス壁紙の一部がやぶけてしまった、やぶけてしまった壁紙がなくなってしまった場合も補修することができます。やぶれの補修に便利なものが壁紙用補修シート。数種類の壁紙の柄があるので、現状に貼ってある壁紙と近いものを選びましょう。この補修用シートは裏側に粘着がついているので剥離紙をはがして、貼り付けます。接着剤を別に用意する必要がないので作業が手軽です。

補修用シートは白いタイプが中心なので、もし色や柄付きの壁紙など色味が合わない場合は、同じ壁紙と接着剤を使って同様の手順で補修をおこないましょう。
・壁紙補修シート      ・ローラー      ・カッター
・雑巾           ・マスキングテープ  ・定規
1. やぶれてしまった周囲を固く絞った雑巾でホコリや油分をきれいに拭き取ります。

2. やぶれた箇所に補修シートを重ねて、マスキングテープで仮止めします。ずれないようにしっかり仮止めをおこなって下さい。
3. 重ねた壁紙をやぶれた穴よりも大きめに定規をあててカッターで、四方を切ります。この時、2枚一緒に壁紙を切るようにしてください。カッターは刃を切れる状態にしてから作業してください。
4. マスキングテープを剥がして、補修シートを外します。この時に向きがわかるよう切り抜いた補修シートの上側にマスキングテープを貼り目印にしましょう。向きが変わってしまうときれいに仕上がらなくなってしまいます。
5.下側のやぶれがある壁紙もカッターの刃に沿って剥がします。
6.向きを間違えないようにマスキングテープを目印に補修シートをはめ込みます。そしてローラーで切れ目がわからなくなるように、圧着させてください。
周りを固く絞った雑巾で拭いて完成です。
クロスの補修は初めての挑戦でも比較的目立たなく仕上げることができます。穴ややぶれなどのトラブルは意外と遠目からでも気になるものです。部屋の雰囲気も気持も明るくなるので、気になる箇所がある場合は早速補修をおこなってみましょう。

詳しい説明を動画でチェック!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ