自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:山形県在住 NM様(アルバイト)

水性塗料で住宅のトイレの「漆喰壁」に
塗装をしたらキレイになり悩み解決!

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

5年ほど前に長女と次女が塗った漆喰壁が・・・

築42年の一戸建て住宅なので、あちこちに細かい傷みは見えますが、まだまだちゃんとしたもので、現在までの修理、改装は子供部屋の増設と寝室クロスの張り替え、軒天、破風、鼻隠しの修理、故障した温水ボイラーの交換、何回かの屋根塗装などで済んでいました。
ただ最近は、娘たちが5年ほど前に「トイレの壁の汚れがひどいのでキレイにするから」と言ってビニールクロスの上に、「漆喰」を塗って仕上げた壁に触れるたびに、服に白い粉が付くようになり困っていました。

ぶつかっても汚れない高さまで何とかしようとホームセンターに!

そこで考えたいくつかの方法がこちらです。
① クロス壁を張替えてしまう
② 壁にふれても乾いた粉が移らない高さまでのクロスを張り替える
③ 杉の化粧板を腰高まで上張りする
④ 漆喰壁に再塗装する
ただ「漆喰壁」はビニールクロスにコテを使い上塗りしただけなのですが、味があり、かすかにある凸凹も雰囲気があり気に入っていました。
そこで、今回はぶつかっても大丈夫な高さまで再塗装をすると決め、塗料を探しに行きました。

水性塗料と水性ニスを使って壁の半分ほどの高さまで

トイレ塗装補修
くぼんだ所を木工用パテで平らにし、傷んだ所やクロスのつなぎ目が浮いている所などは、ボンドなどで事前に貼り直し補修しておきます。
巾木ニス
壁がキレイになると巾木の汚れやクスミなどが見えてしまうので、床と壁にマスキングをして事前に水性のニスを塗りキレイに仕上げておきました。

【使用した材料】

・水性塗料
・水性ニス
・刷毛
・絵筆
・ローラー
・マスキングテープ(和紙タイプ)
・布テープマスカー(広がるビニール付き)
水洗タンクや小便器は動かさず、壁面だけを塗りましたので、すき間を塗るには古い絵筆を使いました。タンクと壁の間や小便器と壁の間、巾木の上部にニスを塗るときにはとても使い勝手が良かったです。
また水性の塗料やニスは油性に比べて扱いやすく、臭いもあまりなく、価格も高くないのでおすすめです。
はみ出しも、養生のないところに塗料を落としても、ウエスなどで拭き取ることが出来ます。少し時間がたった後でも塗料が水に溶けますから水を含ませたウエスなどで拭えば修正がきくので便利です。ただ、気温が低い時時は乾燥までに時間がかかるようですので注意が必要になるかと思います。

塗装が終わったら刷毛は水やぬるま湯できれいに洗って保管しておけば、次の時にすぐに使えます。最近は水性塗料の耐久性も向上しているそうなので、DIYをする時は水性のものを選ばれると間違いないと思います。

キレイになりました!

(以下完成写真)
寒い時期に塗装したので乾燥までに時間がかかりましたが、その間、細かいところの手直しなども何度も加えて完成させました。汚れているところや身体のぶつからない高さまで塗装したので、壁の半分くらいまで新しくなりました。
トイレがキレイだと嬉しくなります。手指でこすっても色落ちしなくなったので、服を着たまま寄りかかってみましたが、服に汚れがつくことはありませんでした。無事完成です。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。