浴室のシャワーヘッドやホースは、簡単に交換できることをご存知でしょうか。落として欠けてしまったり、汚れや黄ばみが目立ってきたら、シャワーヘッドやホースを交換してみるのも、リフレッシュになりおすすめです。最近は、マッサージ、節水、塩素除去など、機能性を備えたシャワーヘッドも多くそろっています。シャワータイムをより楽しむために、お気に入りのタイプに変えてみるのもよいでしょう。

シャワーヘッドの種類

●節水タイプ
シャワーの使用感を損なわずに水量をカットしてくれるため、以前と同じように使っていても節水できます。
●ストップボタンつき節水タイプ
節水構造のヘッドに、さらに吐水、止水を操作するボタンをつけたタイプです。こまめに止水できて節水効果を高められるうえ、浴室掃除などにも便利に使えます。
マッサージタイプ
通常のシャワーとマッサージ水流とを、ボタン操作で切り替えできるタイプです。シャワーにリラクゼーションを求める方にぴったりです。
●浄水タイプ
ヘッド内部に交換式の浄水カートリッジを内蔵し、水道水の残留塩素を除去します。肌や髪への負担を軽減したい方、また赤ちゃんのいるご家庭に適しています。
●低水圧用
中・高層住宅などにお住まいで、シャワーの勢いが弱いと感じているお宅向き。吐水の勢いが増して、シャワーの使用感を改善できます。

シャワーヘッドの交換方法

ホースとヘッドの接合部の金具をしっかりと握り、ヘッドを左に回してネジを緩めてはずします。古いパッキンを取りはずし、新しいヘッドに付属するパッキンを使います。新しいヘッドを右回しでねじ込んだら交換は完了です。
ヘッドとホースがあわない場合
新しいヘッドが、ホース側取付金具のネジにあわない場合は、別売り(製品によっては付属)のシャワーヘッドアダプターを使うと取りつけることができます。

シャワーホースについて

シャワーホースの材質
ホースには、樹脂製とステンレス製があります。一般的に多く使われている白やアイボリー、黒のものが樹脂製です。ステンレス製はホテルのような高級感を演出できますが、樹脂製に比べて高価です。
シャワーホースの長さ
1.2m、1.6m、1.8m、2.0mなどから選べます。1.6mが標準として使われていますが、用途やお好みにあわせて選ぶとよいでしょう。

シャワーホースの交換

シャワーホースからの水漏れの場合はもちろん、破れや汚れが気になる場合も、シャワーホースだけを交換することができます。シャワーヘッドを交換する場合は、ホースもあわせて一新すると、気持ちよく使い始められるでしょう。ヘッドとホースのセット商品も販売されているので、購入時にはこちらも検討するとよいでしょう。
湯水混合水栓からホースをはずす
湯水混合水栓とホースを接続しているナットを、ウォーターポンププライヤーなどでゆるめてはずします。古いパッキンは取りはずしておきます。ホースだけを交換する場合は、シャワーヘッドもはずしておいてください。
●新しいホースを取りつける
忘れずに新しいパッキンを入れ、混合水栓に新しいホースの金具をねじ込みます。ウォーターポンププライヤーなどで締めつけるときは、傷をつけないように布をあててまわすとよいでしょう。ホースだけを交換した場合は、はずしておいたシャワーヘッドも取りつけます。
※ヘッドとホースのネジがあわない場合は、前述した別売りアダプターを使ってください
ホースと混合水栓があわない場合
新しいホースの金具が混合水栓のネジにあわない場合は、別売り(製品によっては付属)のアダプターを使って取りつけてください。

まとめ

家族の多いご家庭ではとくに、シャワーで使う水の量が水道料金に占める割合は多くなりやすいものです。シャワーを快適に使いながら節約したいというニーズを反映して、節水シャワーヘッドは交換用ヘッドの人気商品としてすっかり定着しています。せっかくシャワーヘッドやホースを交換するのであれば、ひとつでも新しい機能を加えて、変化を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ