ついうっかり食べ物や飲み物をこぼして、お気に入りの洋服にシミをつけてしまった、そんなことよくありますよね。すぐに洗濯できる環境ならばいいですが、出先などではそうはいきません。できることといえばハンカチで拭くくらい。それで落ちるシミもありますがそうでない場合、かえってシミを広げてしまうことも。被害を広げないためにはできるだけ速やかに正しい方法で染み抜きをします。しかし、シミ抜きには、その汚れの種類にあわせた正しい方法があります。では、どんな方法があるのかみてみましょう。

シミの種類を見極める

染み抜きをする前にまず肝心なのはシミの種類を見極めることです。コーヒーや醤油といった水や洗剤で落ちやすい水溶性のシミなのか、ベンジンやアルコールなど有機溶剤を使わないと落ちない油溶性のシミかを判断してください。水溶性のシミ、油溶性のシミの代表的なものは以下のようなものです。またそれぞれが混ざった混合性のシミというのもあります。

●水溶性のシミとは

コーヒー、醤油、ソース、ジュース類、ワイン、味噌汁、血液、化粧水など

●油溶性のシミとは

チョコレート、バター、生クリーム、口紅、ファンデーション、バター、マヨネーズなど

●混合性のシミとは

ミートソース、ケチャップ、カレー、牛乳、アイスクリームなど

●水溶性が油溶性分からないときには?

シミの種類が水溶性か油溶性か分からないときには、霧吹きでシミに水をかけてみることでどちらか分かります。水を弾かなかったら水溶性、弾いたら油溶性です。

染み抜きに必要な道具

まずは、キレイなタオル、歯ブラシ、霧吹きなどを用意しましょう。

染み抜きの方法

シミ抜きの基本は、シミを付着した衣類からたたき出し、タオルなどほかの布にうつすということです。時間がたてばたつほど取れにくくなるのでできるだけ早く作業を行いましょう。染み抜きには水や洗剤、ベンジンなどを通常は使用しますが、汚れの種類にあわせた専用のシミ抜き剤などもあります。そういったものを使うのもオススメです。また、携帯型シミ抜きやペンタイプシミ抜きなどもあるので、バッグの中に忍ばせておくと出先ですぐに応急処置ができるので、被害を最小限に防げます。

水溶性のシミ抜きの方法

タオルを敷き、そこに衣類のシミがついた面を重ねます。次に歯ブラシに水をつけます。
水の付いた歯ブラシでシミをたたきます。
シミの周りから、真ん中へとたたくようにすると輪ジミになりにくくなります。水だけではシミが取れない場合は専用の染み抜き剤か、10倍ほどに薄めた中性洗剤を歯ブラシにつけたたいてください。仕上げに洗濯機で洗います。

油溶性のシミ抜きの方法

タオルを敷き、衣類のシミがついた面を重ねます。歯ブラシか別のタオル用意し、汚れではなくその歯ブラシかタオルにベンジンを含ませます。
ベンジンを含ませたタオルまたは歯ブラシで、シミをたたきます。下のタオルにうつすように念入りにたたいてください。
使用したベンジンが衣類から揮発したら、洗剤を10倍に薄めたものをブラシにつけてたたきます。
シミの汚れが敷いたタオルにうつったら、衣類を水かぬるま湯で軽くつまみ洗いします。仕上げに洗濯機で洗います。

混合性のシミ抜きの方法

混合性のシミは落ちにくいので専用染み抜きをオススメします。まずは同じようにタオルを敷き、衣類のシミがついた面を重ねます。
タオルで上からシミをたたき、下に敷いたタオルに汚れをうつします。
落ちなければタオルにシミ抜きをつけて、再度衣類のシミをたたきます。
シミの汚れが敷いたタオルにうつり、キレイになったら衣類を水で洗い、シミ抜きの成分を取り除きます。仕上げに洗濯機で洗います。

まとめ

シミは時間がたつほど取れにくくなるのでシミが付いたな、と気が付いたらできる限り早めに対処をしましょう。もし時間がたってしまっても、丁寧に染み抜き作業を行えば目立たなくすることができます。ポイントは水溶性なのか油溶性なのかシミの種類を見極めることです。万が一のことを考えてコンパクトな染み抜きアイテムを、普段からバッグなどに携帯しておくのがオススメです。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ