自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:千葉県在住 MY様(小売業)

玄関の収納に役立つ壁掛けフックのDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

玄関に上着やバッグを置くことができる収納が欲しい

玄関は家を出る時や帰ってきた時など必ず通る空間なので、家の中でも特にスッキリさせておきたいです。出かける時、何かと慌ただしくなってしまい靴を履いたけど上着やバッグを部屋に忘れてきてしまった、なんて経験ありませんか?
玄関先にバッグや上着を置ければいいのですが、なかなかスペースがなく部屋に置くしかない事が多いと思います。また、春や秋の時期に気になるのが花粉です。

花粉は部屋には持ち込みたくないので、玄関前で軽く払い、玄関で上着を脱ぐのが望ましいのですが、玄関に上着をかけることができないと、結局室内に上着を持ち込まなくてはなりません。そこで今回はそんな悩みを解決する、玄関の収納に役立つ壁掛けフックのDIYについてご紹介します。

壁面スペースを有効活用できないか?

玄関の収納を考えた時に、毎日必ず通る空間なので玄関までの廊下にバッグや帽子を置く棚を置くことは難しいと思いました。また、玄関に直接棚を設置することも考えましたが玄関のスペースがかなり狭くなってしまいますので、現実的ではないと思いました。

玄関の広さはそのままで上着やバッグを置ける収納スペースを作れないか・・・と考え、そこで思いついたのが「玄関の壁面にフックを取り付けて壁掛け収納する」というものでした。このアイデアを使えば玄関の面積は変わらずに収納スペースを確保することができます。壁面スペースを有効活用することで廊下や玄関に棚を置くことなく収納スペースを増やすことができます。

木材とフックを使って壁掛けフックをDIY

【 用意するもの 】

・木材:1枚(10センチ×90センチ×1センチ)
・電動ドリルドライバー
・くぎ:12本(長さ50ミリ以上)
・折りたたみフック:6個
・水性ニス:好みの色
・ハケ:ニスを塗る為
・サンドペーパー
誰でも簡単にできる壁掛けフックのDIYをご紹介します。折りたたみフックは色々な種類が市販されていますのでご自分の好きなタイプのフックを選ぶと良いと思います。また、フックによって耐荷重が異なりますので選ぶときは慎重に選ぶことをおすすめします。

【製作工程】

STEP1:木材に電動ドリルドライバーで下穴を開ける
この時、あらかじめ穴を開けるところに印をしてください。穴は折りたたみフックの穴と合わせます。

STEP2:下穴を開けた木材にサンドペーパーで全体的にヤスリをかける
仕上がりにも影響してくるので丁寧にヤスリをかけます。

STEP3:木材に水性ニスを塗る
木材の質感をそのまま活かしたい場合は水性ニスを塗らなくても大丈夫です。

STEP4:壁掛けの設置場所を決める
水性ニスが乾いたら、木材を実際に壁面に当ててみてバランスを見ます。この時、フックに物がかかることをイメージして設置位置を決めます。

STEP5:折りたたみフックと木材の穴の位置を合わせて電動ドリルドライバーでそのまま壁面に取り付ける
フックと木材の穴を合わせて、くぎで一気に壁面に取り付けていきます。

理想通りのフックの完成

玄関に壁掛けフックを取り付けたことで上着やバッグが収納できるようになり、部屋に置き忘れてしまったということがなくなり便利になりました。また、朝の慌ただしい時間も玄関に上着やバッグが揃っているのでスムーズに外出ができるようになりました。

何より玄関や廊下のスペースが広いまま、収納空間が確保できた事が一番よかったです。沢山のフックを取り付ける事でより多くの物を掛ける事ができるのでとても便利です。壁面に収納することで物が床につかないので玄関掃除の邪魔にもなりません。今回初めて折りたたみフックを取り付けたのですが、使わない時はフックを折りたたんでおけるのでスッキリ見えるところも気に入りました。

作業時間は1時間〜2時間程で、一人で製作する事ができるのでとてもおすすめです。製作費はフックの種類や数にもよりますが今回は5千円以内で済みました。
玄関の収納が無くて困っている方や、朝の慌ただしい準備の時間を少しでもスムーズに済ませたい方にぴったりのDIYのご紹介でした。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

物置もおまかせください。買っても持って帰れない物置をネットで注文しませんか。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内塗料です。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。