プランターで野菜を作る

今回はプランター菜園で楽しめる夏野菜の代表的なゴーヤとトマトをご紹介します。プランターには、角型や丸型、サイズも各種ありますが、今回はベジタブル用深型プランターを使用して野菜を植え付けてみます。
鉢底石と元肥入りの野菜用培養土をご用意ください。
はじめにゴーヤの苗を植え付けてみましょう。
プランターの底が見えなくなる程度に鉢底石を入れてください。
次に培養土をプランターの上から約3センチ程度のウォータースペースをとるように入れてください。
苗が入るように穴を掘ります。
苗の茎を軽く指で挟むようにしてポットから取り出します。
苗を穴に入れて回りを軽く押さえてください。
今回は丸型プランターの大きさに合わせて伸びるように行灯仕立ての支柱をプランターに差し込みました。
プランターから水が流れ出す程度たっぷりと水やりをしてください
ツルが伸びて来たら支柱に誘引してください。
支柱には麻ひもを使い八の字結びで結束してください。
2週間に一度追肥をおこなってください。
次は、ミニトマトの育て方をご紹介します。
ゴーヤと同じ手順で、プランターに鉢底石、培養土を入れ、苗が入る程度の穴を掘ってください。 ミニトマトの苗をポットから外してください。
苗を穴に入れて回りを軽く押さえてください。
今回苗が一つなので、イボ竹支柱を1本立てます。
麻ひもで茎を支柱に結束してください。
プランターから水が流れ出す程度たっぷりと水やりをしてください
2週間に一度追肥をおこなってください。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ