植物の育て方とは?初心者のためのガーデニング入門

美しい草花や元気な観賞植物など、暮らしの中に植物があるだけで心に余裕が生まれ、気持ちも豊かになります。最近は苗、鉢、各種ガーデニンググッズや栽培のための情報も簡単に手に入り、手軽に始められる環境も整っています。でも、いざはじめるにあたってどんな植物がいいのか、必要な道具は何か? 育て方の基本は? など分からないことばかり。そこで、そのような方に向けて、植物を育て方の基本をまとめてみました。

植物の栽培を楽しむ環境

植物の栽培というと、お庭を使用した本格的なガーデニングと考えがちですが、もっと手軽なものもあります。例えばプランターを使ったベランダガーデニングや、最近では室内で鉢を使ったインドアガーデニングなども人気です。まずはどこで植物を楽しむかを考えることから始めましょう。庭なのか、軒先なのか室内の一角なのか。ほかにもベランダやテーブルの上でも楽しめます。植物には日当たりが重要なもの、室内でも問題ないもの、さらに水やりもほとんどいらないものなど様々なものがあるので、まずは栽培をはじめる場所、環境を考えてから育てる植物を選ぶと良いでしょう。

簡単に作れる花壇

植物というと、まず思いつくのは華やかなお花ですね。季節によって様々な種類がありますが、パンジーやマーガレットなどよく見かけるような花は比較的栽培も簡単。組みあわせを考えて寄せ植えを楽しむのもオススメです。室内で楽しむなら観葉植物が育てやすいでしょう。水やりや日当たりなどに気をつければ比較的栽培は難しくありません。テーブルの上やインテリアとして手軽に楽しむならサボテンなどの多肉植物や、エアプランツなどは手間がかかりません。毎日の水やりも不要で、おしゃれなインテリアとしても楽しめます。

植物の栽培に必要なものとは

植物を育てるために大切なのはまず環境に適した植物を選ぶこと。そして土や肥料、さらに基本的な道具も必要です。最も重要な土に関しては、その種類やどのような割合で混ぜるかは用途や植物によって異なります。しかし野菜用、花用、観葉植物用などすでにブレンドされている市販の培養土が売られているのでまずはそちらを使うのが手軽です。道具は室内やベランダガーデニングの場合は鉢やプランターがまず必要です。ほかにもスコップや土入れ、ジョウロ、園芸用ハサミ、肥料などが基本的な道具となります。すでに家にあるものがあればそれを使ってもいいでしょう。

基本的な園芸用語とは

園芸売り場などで、苗や種、道具を見てみると初心者に分かりにくい用語が使われていることがあります。その中のいくつかをご紹介します。

●一年草/発芽から1年以内に花を咲かせて枯れていく植物。
●多年草/2年以上育ち、開花と結実を繰り返す植物。
●切戻し・剪定/花が咲き終わった姿を整えたり、次の開花に向け枝や茎を短く切り株の更新をさせること。
●移植/植物を植え替えること。
●暖地・寒地/一般に関東以北が寒地、関東以西を暖地とされています。
●チッ素・リン酸・カリウム/肥料の三要素。
●元肥/花壇や土に肥料を加えて土を肥沃にしておくこと。
●追肥/肥料が不足しないように適時に与えていく肥料。
●置肥/肥料を土に混ぜない、土の上に置く肥料の与え方。
●連作障害/同じ場所で同じ作物を繰り返し栽培することで植物の生育が悪化や病害虫の増加が起きるなど障害が起こること。

まとめ

植物が身近にあると心が癒されるだけでなく、栽培のために毎日の生活のリズムも変ります。手間を惜しまずキチンと手をかければ、花や実をつけ生長で応えてくれるのも大きな喜び。ぜひあなたも植物のある暮らしを始めてみてはいかがでしょう。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。