園芸用品コーナーにいくと、何やらたくさんの種類の土が置いてあることを不思議に思ったことはないでしょうか。植物を育てるのに向いているだろうとはわかるけれど、では庭の土と何が違うのか、疑問に思うところでしょう。花壇やプランターで植物を栽培する際に参考にしていただけるよう、園芸用の土についての基本情報を解説しながら、初心者がご家庭で使いやすい土をご紹介します。

園芸に向く土の条件

植物にとって土は、土台である根を支えるほか、植物の生育に不可欠な『空気』『水分』『養分』という3つの要素を、根に供給する役割があります。つまり、植物の生育には、水分や養分(肥料)のもちがよく、それでいて水が貯まった状態にならない、排水性、通気性のよい土が適しています。園芸では、これらの条件に適した赤玉土や鹿沼土、川砂などの基本用土に、通気性や排水性、酸度を調整する腐葉土や堆肥、ピートモスなどの改良用土をブレンドして使います。

園芸用のブレンド土『培養土』

植物にあわせて自分で用土をブレンドして使うには、いくつもの種類の用土をそろえて配合したり、残った土を管理したりする必要があり、手間がかかります。一般のご家庭では、数種類の用土をブレンドしてある培養土を利用するのが、手軽で便利です。市販の培養土のなかには、さまざまな植物に使える汎用の培養土と、植物の種類にあわせた専用の培養土があります。これらのなかから目的に適したものを選んで利用するとよいでしょう。

培養土の種類と選び方

製品によって配合や品質はまちまちなので、肥料の配合の有無、酸度調整の有無、用土の粒のサイズなどをよく確認しましょう。肥料が配合されていない培養土を使う場合は、植えつけのときに元肥を混ぜ込んでください。

●花用培養土

水もち、肥料もちのよいバーク堆肥などとともに、花つきをよくするリン酸を強化した肥料を配合しています。

●バラ用培養土

バラの生育に適した弱酸性に調整し、元肥を配合したものが多いようです。風でバラ苗が倒れるのを防ぐために、あえて重めに仕上げたものもあります。

●観葉植物用培養土

室内やベランダで安心して使えるように、軽く、臭いが発生しにくい清潔な用土を原料にしています。葉色をよくするマグネシウムなどを配合したものもあります。

●多肉植物用培養土

通気性や排水性がとてもよくなるような配合にし、水分の過多を嫌う多肉植物が根腐れを起こしにくくしています。

●野菜用培養土

土の基本性能を野菜に合わせたうえで、野菜の実つきをよくするように成分調整をした肥料を配合しているものが一般的です。

●ブルーベリー用培養土

ピートモスという改良用土を配合して、ブルーベリーが好む酸性に調整ずみ。植えつけや植え替えにそのまま使えます。

まとめ

赤玉土や腐葉土などの単用土を自分でブレンドするのに比べ、ブレンド済みの培養土は少し割高になります。しかし、用土についての知識がなくても失敗がなく使え、すぐに植えつけができる手軽さと安心感は、利用する価値があるといえるでしょう。一度植物を育てた土は、排水性が悪化したり、病原菌が発生している場合が多いので、新しい植えつけには新しい培養土を使うことをおすすめします。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ