ハーバリウムの作り方

透明のオイルが満たされた小ビンの中に、色とりどりのプリザーブドフラワーやドライフラワーが浮かんだかわいらしいインテリア雑貨「ハーバリウム」。手入れなどがいらず、綺麗なお花や植物を手軽に楽しめ、SNS映えするアイテムとしても最近人気を集めています。そんなハーバリウムは実は簡単に手作りすることができます。そのため最近ではハーバリウム作りを趣味として楽しむ方も増えているのです。

 

ハーバリウムとは

ハーバリウムとは、元々は乾燥処理がされた植物をアルコールや防腐剤などに浸して保存した植物標本のこと。しかし、手入れが不要で長くお花を楽しめる上、その見た目のかわいらしさから最近はインテリ雑貨や、新しい花の観賞のしかたとして楽しまれるようになっています。一見、作り方は難しそうですが、実は意外と簡単にハーバリウムは手作りする事が可能です。その作り方をご紹介します。

 

ハーバリウム作りに必要な材料

・好みのふた付きの空き瓶
・ハーバリウム専用オイル
・プリザーブドフラワー
・ドライフラワー
・長めのピンセット
・エアダスター
・アルコール除菌シート

●避けたほうが良いもの
オイルはシリコンなどの含まれていないハーバリウム専用のオイルを使うのが一番ですが、手に入りにくい場合はシリコン入りのオイルや、ベビーオイルなどでも代用できます。ただしオイルの濁りや色移りなどが起きる場合があります。また中に入れるものですが、糊などが溶け出す可能性のある造花や、鉄などの金属、オイルに色移りの可能性のある手作りのドライフラワー(市販のドライフラワーはOK)などは、オイルが変質する可能性があるので避けるのが懸命です。

●作り方の手順
作り方のプロセスはビンに好みの花材を入れ、オイルで満たしてフタをするだけととても簡単。でも、キレイに仕上げるにはコツが必要です。下記の手順を参考にしてください。

・ビンのホコリをエアダスターなどで取り除きます。カビ防止のためにビンは完全に乾燥させてください。

・ビンを自分の前に、ヨコ位置で置きます。

・中に入れたい花や花びら、植物の葉や実などをビンのサイズを見ながら並べます。

・ビンの中で花びらが立体的に広がるよう、適当なサイズにハサミで切ります。

・立体的に配置できるようビンを横にした状態で長いピンセットを使い、花びらや葉を好みの順番で入れていきます。オイルを入れた際に花材が浮かばないよう小さな花で花びらを抑えるなどバランスを考えましょう。

・オイルは花が底に沈まないようにビンがヨコの状態から入れはじめます。半分ほど満たされたらビンをタテにして最後までオイルを入れます。

・オイルが入ったらこぼれないようにすぐにフタを閉めます。ビンに指紋や手の脂がついているとクリアに見えませんのでアルコール除菌シートなどで表面を拭きましょう。

・完成です。

 

まとめ

ハーバリウムのビンは好みのモノを使ってかまいませんが、十分乾燥させて使う事を心がけてください。水分や汚れが残っているとビンの中でカビが発生することもあります。条件や入れた花材によりますが、うまく作れば1~3年ほどは楽しめます。使える花はドライフラワーかプリザーブドフラワーがスタンダードです。オイルは専用のものを使うのが一番オススメです。代用オイルでも作れますが仕上がりの美しさや保存性で劣るので注意が必要です。

 

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー一覧

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。