自宅のDIY体験談:和歌山県在住 K様(会社員)
デッドスペースを利用しただけの小さな棚が
キッチンの中でお気に入りの空間に

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

狭い賃貸のキッチンは収納が少ない

私が暮らす賃貸物件のキッチンは間口が1800mmのコンパクトなキッチンです。壁づけされたキッチンは収納も少なく、冷蔵庫を並べれば壁までいっぱい。食器棚を置くにも3方向の部屋への通路にもなるキッチンなので大きなものは置けませんでした。

料理が好きで食器集めが趣味の私はキッチン用品はとにかく多い。カウンターを設置し、食器類の収納や作業台の確保はしたものの、乾物類やお弁当箱などの毎日使う小物を取り出しやすく収納できないかと頭を悩ませました。

床下の収納やつり戸棚に収納してしまうと作業効率も悪く、何がどこにあるのか把握できなくなってしまいますので、なんとかなんとかできないものかと考えました。

狭いならデッドスペースを活用しよう

ディアウォールを2セット使い、2x4の天井までの柱を2本建てました。
そしてそこにLの金物を取り付け、奥行き200mmの棚板を3段設置しました。
ディアウォールで柱をつっぱることで、壁に穴を開けずに棚板を付けられますので、退居するときにも問題なく原状回復が可能です。
柱はワトコオイルで色を塗り、棚板は安価な野地板を使用しました。重いものを乗せる予定はないので棚板の厚みは薄くても大丈夫。厚みのある集成材は結構な値段がするので野地板で代用。カットをするのも薄い分切りやすく、扱いやすい材料でした。

ディアウォールで原状回復できるDIY

ディアウォールを2セット使い、2x4の天井までの柱を2本建てました。
そしてそこにLの金物を取り付け、奥行き200mmの棚板を3段設置しました。
ディアウォールで柱をつっぱることで、壁に穴を開けずに棚板を付けられますので、退居するときにも問題なく原状回復が可能です。
柱はワトコオイルで色を塗り、棚板は安価な野地板を使用しました。重いものを乗せる予定はないので棚板の厚みは薄くても大丈夫。厚みのある集成材は結構な値段がするので野地板で代用。カットをするのも薄い分切りやすく、扱いやすい材料でした。

お気に入りのカゴや瓶類でお気に入りの棚に

見せる収納のために、雑貨屋さんで購入したかわいいカゴやアルミ缶などを使い、乾物やランチョンマット、梅干しの瓶や海苔などを置くことで、食事のたびに使用するものも、ひと目でわかるようになり、取り出しやすく、作業効率があがりました。
なにより、お気に入りのものを使って収納を実現できたので、デッドスペースを利用しただけの小さな棚がキッチンの中でお気に入りの空間になりました。

毎日、料理をする私だけの空間ですから、使いやすく工夫するだけで毎日の料理がさらに楽しくなりました。ちょっとした工夫で使い勝手は随分かわりますので、他のデッドスペースも無駄なく使えるように、狭いながらの自分のお気に入り空間を作っていきたいと思っています。
ピッタリサイズではなく、排水と、植物を置くスペースを確保しています。好きなサイズで作れるのもDIYのいいところですね!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ