自宅のDIY体験談:大阪府在住 Y.I様(主婦)

ガスレンジ周りがスッキリ片付く!キッチン収納棚のDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

ごちゃつくガスレンジ周りをなんとかしたい!

主婦のわりには片付けが苦手な私。毎日使うキッチンは、うっかり気を抜くとすぐ散らかっていました。キッチンの中でもごちゃつき感No.1だったのはガスレンジ周り。はじめは、雑誌やブログのオシャレなキッチンをまねて、レンジフードとコンロの隙間に小物の収納棚を置いていました。見た目もスッキリするし、調味料がすぐ取り出せたりして気に入っていたのですが、思ったより油汚れが付着して、掃除がものすごく面倒に。
また、重ねて片付けられる収納便利なテフロンのフライパンから、思い切って鉄フライパンを3種類に買い換えてしまったため、フライパンを収納する場所がなくなってしまいました。

壁面に「見せる収納棚」を作ってみよう

我が家は、キッチンの一番奥にガスレンジがあり、突き当りはコンクリート壁となっています。このため、押しピンも使用できず、壁にテープでポスターが貼ってあるだけのデッドスペースでした。そこで、この壁面にレストランの厨房のようにフライパンをぶら下げる事ができるような、「見せる収納棚」を作ってはどうかと思いつきました。
デッドスペースの壁なので、天井から床までうまく棚を作れば、フライパンをぶら下げるだけではなく、調味料や調理道具など多くの物を収納できるスペースができそうです。また、油が直接はねない場所になるので、油でべとべとになる心配もありません。

コンクリート壁でもOK!ディアウォールと廃材を使って壁面収納棚をDIY

DIY好きの間で前々から話題になっていたディアウォール。壁面に棚を作る なら絶対これを使おうと決めていました。
そこで、今回はディアウォールを使って2×4材で壁面に二本の柱を設置し、その間に木材をビス止めして、フライパンをひっかける場所を作り、棚を設置することにしました。

使用した材料は以下です

・ディアウォール2セット
・SPF材2×4床から天井までの高さに切ったもの2本(ホームセンターでカットしてもらいました)
・ベビーベッドの廃材の一部
・学習机の廃材の一部
・棚受け金具2個
・ビス
・木材保護塗料
使用した工具は、インパクトドライバーとノコギリです。ビス止めの箇所が多いので、電動工具がないと大変だと思いました。

ディアウォールで設置する柱以外の木材は何でもよかったのですが、たまたま不要なベビーベッドを譲り受けたものと、学習机の棚部分を取り外したものがあったので、有効活用しました。

まずは、床から天井の高さを測り、ディアウォールの説明書にある通りにSPF材をカットします。私はホームセンターのカットサービスを利用しました。正確に手早く切ってくれるし、持ち帰りも楽なので、いつもお願いしています。

次に、SPF材を塗装しました。無垢な質感も良いのですが、廃材の色調に合わせるために、うちにあった木材保護用の塗料で一回塗りをしました。

続いて、廃材のどの部分を使うか、考えました。
この写真は、ベビーベッドを分解した一部です。ベビーベッドはいろんな部材があるので、本当に捨てるのは勿体ないと思います。この他にも、床板や柵など、DIYに使えそうな木材がたくさん取れました。今回は右側の、ラダーっぽくも使えそうな部材のサイズに合わせて柱や棚を作る事にしました。

なんとなくイメージが確定したので、いよいよ設置に入ります。
まず、ラダー状の部材の横幅に合わせてディアウォールの柱二本を、壁面に設置しました。SPF材の端にディアウォールをはめて、天井と床で突っ張るだけなので、驚くほど簡単に設置できました。

次に、フライパンをひっかける部分を作ります。横棒三本分の長さでラダー状部材をカットし、柱の上部にビス止めしました。(写真ではすこし違う部材を使っています。材料を撮影した写真が残っていないので申し訳ありませんが、サイズや構造とも、ラダー状の部材と同じような部材になります。)
さらに、スパイスラックを作りました。学習机の棚部分を、ラダー状の部材の横幅に合わせてカット。板だけではスパイスが落下するので、ラダー状の部材を利用してストッパーを作ります。ストッパーと棚受け金具をビス止めし、柱に取り付けます。ラダー状部材がまだ余っていたので、おまけとして小物をひっかけられる横棒を二本分、スパイスラックの下部にビス止めしました。各部材の縦の長さは…、適当です!

友達にもオシャレと大好評!見せる収納は使い勝手もバッチリ

元々手元にある物を中心に作る事を考えたので、細かく寸法を調整する必要もなく、木材のカットとビス止めといった最低限の作業で、わりとオシャレな壁面収納棚が完成しました。材料費も低く抑える事ができました。
棚を作ったことで、フライパン類やスパイスがいつでもガスレンジ横の棚から取り出せるようになり、作業効率はアップ。収納の手間や油のベトベトもなくなり、いいことづくしです。自作のリースや、フェイクグリーンを飾るスペースも確保することができました。

ただの壁だったスペースに見せる収納を作ったことで、友達のキッチンへの注目度がいきなりアップし、来る友達みんなに「オシャレ―!」とうらやましがられています。
(以下完成写真)

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ