自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:東京都在住 M.Y様(ファッション関係)

暮らしに馴染む快適な猫トイレを制作

※こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

猫が安心できて部屋の雰囲気を崩さない猫トイレが欲しい

実家で暮らしていた猫を家に招くことになり、狭い部屋でも快適にトイレができる環境を与えてあげたいと思い探し回った結果、条件に合うものが見つからなかったので自分で作ることにしました。
トイレを探す際考えた条件はこちらです。
  1. 猫が快適に用を足せるスペースがある
  2. 部屋にあってもあまり存在感を感じさせない
  3. 掃除がしやすい
  4. 出来る限り安価
猫によって体格やトイレを使用する際の姿勢が違うので、その子にあったものを探すのは困難です。
大きいトイレであれば心配ありませんが、部屋が広くない場合猫のトイレに使用出来るスペースは限られています。
部屋の形状に合った適当なサイズのものを見つけるのはそう容易いものではなく、もし見つけても見た目が好みでなかったなど、なかなか決められずにいました。
そこではじめに考えていた条件を元に猫のトイレの寸法を考え、出来るだけ簡単に製作してみました。

出費を最小限に抑え猫が使っていたトイレを生かしてDIY

急にトイレが変わってしまうとストレスになると思ったことと、あまりお金をかけずに作りたかったので、猫が今まで使用していたトイレに木材で組み立てたBOXを覆い被せる形で製作することにしました。
製作する上で最も重要となるのはサイズです。
猫が快適に使用できなければ意味がないのでトイレ使用時の様子を観察しながら高さを決めました。また、トイレぴったりのサイズにしてしまうと掃除の際取り出しにくい為、2cmずつのゆとりを入れて幅・奥行きを決めました。
<サイズ>
内法寸法がトイレのサイズ+2cmになるよう設計します。
(今回の場合トイレのサイズがW43cm×D33cmでしたので内法寸法がW45cm×D35cmになるよう設計しました。)
高さは猫が座った状態の高さを測定した値+トイレの底部分の高さにします。
(ウチの場合は50cmでした。)

いよいよ材料を揃えて組み立てていきます

今回実際に購入した材料は下記の通りです。
<材料>
  • 普通合板(1820mm×910mm×厚み15mm)1枚
    この1枚の板から側面の板と天板を切り出して使用します。
    (側面用500mm×480mm、500mm×350mmを各2枚ずつ、天板用380mm×480mmを1枚)
  • 丁番 2個
  • スリムビス(3.3×30mm)30本入り
    スリムビスは小口に打っても板が割れにくい先端がキリ状になっているタイプがお勧めです。
木材のカットはホームセンターのサービスを活用しました。(通常1カット¥30〜¥50程度です。)
ただしホームセンターの木材カットサービスでは基本的に直線カットしか行っていないので、部分的に切り抜きたい場合などは自分で行わなければなりません。
店舗によってはセルフDIYコーナーを設けてあり、自分で木材をカットしたりやすりがけを行うことができます。電動ノコギリやインパクトドライバー等工具の貸し出しを行っているところもあり、今回はそちらで電動ノコギリをレンタルし、出入り口部分をカットしました。
(床から16cmより上を幅15cmで切り抜きました。)

実際にホームセンターに行ってからカット割りの図を書くと結構な時間がかかってしまいます。事前に大きさを決め、図面を用意しておくとスムーズです。
※使用したい板の厚み分を計算に入れる必要があります。
製作にあたり用意した図面はこちらです。
<構造>
  • 側面4枚を各2箇所ずつビス留めして固定します。

  • 天板を、丁番2つを使用してビス留めします。

今回は掃除のしやすさを優先して底板は設けませんでしたが、猫砂で床を汚したくない場合は底板を設けるといいと思います。
製作前は出入り口部分を切り欠きした板で作ろうと思っていたのですが、今回使用した厚さ15mmの板では重すぎたので布で作ることにしました。8号帆布のハギレが家にあったのでそちらを使用し、出入り口の大きさに周囲2cmずつの縫い代をつけ、三つ折りにしてミシンで縫いました。それを綿テープに縫い付けて出入り口の内側からタッカーで打ち付け完成です。
もっと簡単に作りたい場合はミシンで縫わずにボンドや両面テープでも十分だと思います。

ドキドキの手作りトイレ初使用

製作前は入ってくれなかったらどうしようかと心配していましたが、こちらの心配をよそに興味津々で入っていき自分のトイレであることを確認したようで、その後普段通りに使用してくれました。
人が活動している空間でも気が散ることなくトイレが出来るようになったのではないかと思います。
また、自分の家の猫なのでトイレが部屋にそのまま置いてあっても気になりませんが、来客時にはお客様にとって不快でないか気がかりでした。今回のトイレを製作したことにより匂い漏れやトイレの外観問題も解決され、猫にとっても私にとっても嬉しい結果となりました。
天板の上で寛いでいることが多かったので、ここにベッドを置いてみました。
トイレ上のスペースも活用でき、今回のDIYは大成功です。

木材カットサービスのご案内

木材のカットにお困りではございませんか?
ロイヤルホームセンターでは木材カットを承っております!詳しくはバナーをクリック!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。