自宅のDIY体験談:神奈川県在住 N.K.様(教師)

SPF材を使えば2000円でできる!
ピッタリサイズの本棚

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

デスクの横に本棚を置きたい

ナチュラルな雰囲気の本棚が欲しい!けれど部屋にあうサイズがどうしてもみつかりません。そこで、思い切ってDIYをしてみようと思いました。ホームセンターで手軽に手に入る木材を使って、しかも簡単に仕上がる方法で私が作った本棚DIYをご紹介します。
ちょっとした作業をするために置いたパイン材のデスク。とても便利なのですが、収納部分がありません。あとでまた読もうと思っている本などは、デスクの上に置きっぱなしにしてしまうこともよくあります。けれど、それでは何だかだらしない感じになり、部屋の中がスッキリと片付きません。デスクに座っていてもすぐに出し入れができるに本棚を置きたいと思い、さっそくDIYでつくることにしました。

ホームセンターで材料を調達しよう

すぐに必要なものをDIYするときは、できるだけ簡単にできる方法が一番です。そこで、思いついたのはホームセンターでよく見かけるSPF材を使って作ることです。SPF材はもともと2×4工法用の建築木材です。規格の寸法で豊富に用意されていて、しかも安価で扱いやすい木材なので、最近DIYの用材としてとても人気があるようですね。今回はこのSPF材の1×4(ワンバイフォー)というサイズの木材を利用することにしました。

1×4材は高さ19mm×幅89mmの木材です。

本棚をつくる前

まずは採寸です。寸法を正確に測ることはとても大切なので慎重に行いました。次は簡単に製図を描きました。製図といっても、難しいものではありません。フリーハンドで大まかなイメージを描きました。製図を描くと木材の必要数がわかり、カットする際の間違えを防いだり、組み立てていくときの手順をイメージしたりすることができます。

木材はホームセンターの加工サービスを利用!

製図をもとに木材を購入しました。ホームセンターのカットサービスを利用したので、カット面がきれいでしかも正確です。今回はSPF材と合板をカットしていただきました。

わずか1時間で作業終了

材料は希望の長さにカットした木材、1×4材を12枚、角材4本、合板1枚です。工具は電動ドライバー、電動サンダー、ビス、水性ステイン、刷毛です。
ホームセンターで大きな木材はカットしてもらっていたので、角材をのこぎりでカットし、あとは木材をネジ留めしていくだけで出来上がりました。棚の高さは、入れたいものに合わせました。
作業はとても簡単であっという間に出来上がりました。特に電動ドライバーを使うと作業効率がアップします。時間も短縮できてビス留めがとても簡単でした。仕上げは、木材の切り口を電動サンダで磨いたあと、水性ステインを塗りました。
今回の本棚は、SPF材を使い資材加工サービスを利用してつくったので、とても安価でしかも短時間で出来上がりました。デスクにピッタリサイズの本棚ができたので、見た目もスッキリ、お部屋もきれに片付きました。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。