まさかあんなものが移動式の収納ラックになるなんて

自宅のDIY体験談:神奈川県在住 M・K様(会社員)

まさかあんなものが移動式の収納ラックになるなんて!

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

入学・入園で一気に増えた荷物に困っていました

息子が生まれた時に、義理の父母からプレゼントされたベビーベッド。
当時はとにかく嬉しくて、毎日それを大切に使っていました。

時間が経つのは早いものでそんな息子も気づけば小学生に。
幸い下の娘もいましたので再利用をしましたが、保育園に行く年齢になり、いよいよ使わないということになりました。

子供が大きくなり保育園や小学校に通うとなると途端に収納が足りなくなりますよね。
我が家もまさにそんな状況でしたが、我が家にとっては従来荷物を片付けて新しく収納スペースを作るということは非常に難しいことでした。

それでいてリビングの中央にドシンと構えるベビーベッド。
廃棄をするにもお金が取られるし、そもそも頂き物なので気が引けました。
これをそのまま収納スペースとして使えばいいか!と思ったりもしましたが、やはり場所をとるためそれは断念。

まさに八方塞がりの状態でした。

ベビーベッドを改造、そしてラックに変身!

どうしたらいいか途方に暮れていた時に息子から「ベビーベッドを改造して変身させればいいじゃん!」との一言が。

DIYという単語を知らない、そしてヒーローものに憧れている少年ならではの発言に、お前は世界一可愛い男の子だと萌えた父は頑張りました。

よくよく考えてみるとベビーベッドは子供を寝かせるものであるから素材はしっかりとしています。
それでいて使い手が便利なようにするために簡単に移動が出来るんですよね。
この利点を利用しないわけにはいきません。

そこでベビーベッドをコンパクトにしていき小さな収納ラックを作ることにしました。
部品は基本的なものがあれば新しく買う必要がないように、なるべく大掛かりにならないものにしました。

イメージとしては工具さえあれば余計な板等は購入する必要がない、三段の移動式ラック。
ここまで頭で描いたら後は早速挑戦です。

とにかくノコギリで斬る!そして繋げる!

実際に作る際は特別な技術は必要ありませんでした。
我が家には電動のノコギリがないためシャカシャカと手動で斬るだけです。

必要なものは軍手と電動工具セット、そして熱いハートのみ。
軍手は疲れを逃がすために、電動工具セットは少しでも楽をするために使っているだけですので、極端な話で元気があれば何でもできます。
自分の考えているサイズ通りにコンパクトにしていくのですが、方法としては真ん中を基準に左右対称に切っていきます。
そして切り終わったものを再びくっつけるのですが、その際はイ〇アの家具を作った際に余った木のビスを使いました。

左右に穴を小さめに開けて木のビスを埋め込み、あとは左右を叩いてはめ込むのみで完了です。
段を作る時は高さを合わせてビスを打ち込み、そこに天板を乗せるだけで簡単にできます。
慣れない私でも作業は休みながらも2時間程度で終了です。

簡単に移動できる子供の収納スペースが誕生!

新しく小学校に上がった息子は自分が赤ちゃんの時に使っていたものだけに大喜びです。

小学校や習い事で使う道具は全てそこに片付けています。
また、三段あるため、真ん中は娘のオムツ類を入れる用に非常に有効活用しています。

ベビーベッドの足に元々ローラーが付いていたため掃除をする時にも簡単に移動が出来るため本当に使い勝手が良いですよ。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。