自宅のDIY体験談:東京都在住 N・M様(主婦)

収納に役立つ!シンプルなスタッキングシェルフをDIY!!

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

賃貸物件には収納が少ない・・・

夫と2人で都内の賃貸アパートで生活をしています。
9月には第一子の出産予定。それに合わせて、3階建て2LDKの物件に引越しをしました。
家自体は広々としていて良いのですが、リビングはただの広い空間で、収納が全くない部屋です。

クローゼットは比較的多く、物を入れる場所には困っていませんでした。
でも、家の鍵や文房具・仕事で使う書類などの、ちょっとしたものをしまう空間はありません。

使いたい時にさっと使えるものは、すべてコーヒーテーブルについているちょっとした収納の中に詰め込んでいました。

見た目的にも、機能的にも満足出来ていませんでした。

これから、子どもが生まれてきたら、おもちゃを入れる場所や、着替えを入れて置く場所がない・・・。
このままだと、床にいろいろなものを置くことになってしまうというのが1番の悩みでした。

スタッキングシェルフで収納力UP!
空間づくり!!

そこでつくろうと思ったのが、スタッキングシェルフです!
スタッキングシェルフというのは、木枠だけのシンプルな見せる収納のことです。
そこに、カゴを入れたり、本を置いたりと、収納の仕方は自由自在です。
趣味のものをディスプレイして、部屋をおしゃれにすることもできます!

以前、インテリア用品等を扱うお店で見かけたものを気に入ったのですが、購入すると8万円程してしまいます。
生まれてくる子どものためにも、節約をしたいと思うと、購入することができず、自分たちで作ってみることにしました。

作る大きさによって、壁一面を収納棚にすることもできます。
また、棚自体を仕切りとして使うことで、1つの広い空間を分けることも可能です。

我が家では、ダイニングテーブルの横に置くことで、ご飯を食べる空間と、ソファーでくつろいでテレビを分ける空間にわけて使っています。

作り方も簡単!
同じ大きさの木を組み立てるだけ!

見た目がシンプルということもあり、作り方もとっても簡単です!
家の中を汚すこともないので、広い空間を確保できるのであれば、室内での作業も可能です。

実際に使ったものや作業内容を紹介していきます。

*材料*
木材(パイン材などお好みのもの)
長さ160cm×幅28cm・・・3枚
長さ37,5cm×幅28cm・・・10枚
電動ドリル
木ダボ30個
電動ドリル用木ダボドリルビット
木工用ボンド

①ホームセンターで木材を切ってもらう

家庭に電動ノコギリなどがある場合は良いのですが、ホームセンターで木を買えば、カットも格安でしてもらえます。

スタッキングシェルフで使う木材は、正確に同じサイズであることが大切です!
ノコギリを使い慣れていないと、曲がってしまったりするので、自信がない方は、ホームセンターで切りましょう。

②電動サンダーでヤスリがけ

この作業はやってもやらなくても大丈夫です。
見た目が変わるわけではないですが、触り心地には差が出るかもしれません。
時間があり、出来そうな場合には、電動サンダーを使って、木全体にヤスリをかけます。

③ダボ用の穴を開ける

電動ドリルをつかって、木ダボを入れるための穴を開けていきます。
28cmの幅の木材に対して、両サイドから7cmのところに穴を開けていきます。
必要な棚の数に応じて、穴を開ける場所を調節します。

我が家は4×4で収納スペースを作ったので、4箇所に穴を開けました。

④木ダボを打ち込んで、はめていく

開けた穴に、木ダボを入れていきます。
木工用ボンドを穴に入れてから、ダボを打ち込むと、しっかりと固定されます。

木材にダボが打ち込めたら、組み立てて行きましょう。
組み立てる時も、木工用ボンドをたっぷりとつけてから、はめ込んでいきます。

⑤仕上げ

こちらも時間がある場合にやると良い作業になります。

完成した、棚全体に軽くやすりをかけて、亜麻仁オイルを塗っていきます。
亜麻仁オイルを塗ると、木目の感じが目立つようになり、一気に無印感が増します!
オイルが乾いたら、透明のニスを塗りましょう。

ニスが乾いたら、ニスの凸凹をなくすために、もう1度ヤスリがけをします。
最後にまたニス→ヤスリをして完成です。

収納が多くて便利なリビングが完成!

長期休みを使って2日間で仕上げました。
ちょっとした小物を置けるようになって、とても便利です。

私は、趣味でフラワーアレンジをしているのですが、作った作品を飾る場所もなく、困っていました。
でも、シェルフがあることで、飾る場所も多くなり、助かっています。

今回は、お店で見た棚と全く同じサイズで仕上げています。
同じにすることで、そのお店の収納用品がぴったり合うようにできています。
カゴを買ってきて、書類をしまったり、毎日使う買い物バッグをしまったりしています。

リビングに必要なものがすべて入れられるので、もので溢れる感じもなく、すっきりしています!

購入すると8万円ほどでしたが、DIYをしたことで1万5千円程のコストで仕上げることができました。
かなりの節約にもなり、満足しています。

木材カットサービスのご案内

木材のカットにお困りではございませんか?
ロイヤルホームセンターでは木材カットを承っております!詳しくはバナーをクリック!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ


このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。

他にもサポート情報が満載!

おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。