自宅のDIY体験談:北海道在住 K.O様(会社員)

テレビの上に棚を作って植物が元気になった

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

窓が多くて壁に小さい棚しかつくれない

我が家のリビングは壁が少なく必ず窓があります。
そして配線やストーブの設置場所が決まっているのでテレビやパソコン電話の置く場所に自由がありません。
出窓は犬の指定位置で、家族が留守の時はほとんど出窓にいて番犬のように誰か来ると吠え、天気が良いと日向ぼっこをしています。
そのため何も置けないのです。
私と旦那さんは観葉植物やサボテン、多肉植物などなど緑が大好きで大小さまざまな植物が我が家にあります。緑に囲まれた生活が夢なんです。

もっともっと増やしたいのですが枯れてしまう植物が多く減っては増やしての繰り返し。
肥料を変えたり土を変えたり色々試したのですが大きい植物は元気でも小さい植物は元気がありませんでした。

小さい植物はちょうど太陽が当たらない棚に置いていたので、もしかして…とテレビの後ろ東側窓枠に数個、特に元気のない植物の鉢を置いてみると嘘のように元気になりました。

その日からテレビ後ろの東側窓枠は、元気のない植物置き場になりました。
でも細い窓枠です。横幅も狭いのですぐに全部置けなくなりました。無理に置いて鉢を落としたり、移動する時に落としたり、テレビの後ろなので見えないし不便でした。
テレビの上に棚が作れたら良いのに。と旦那さんに言うと作ってみよう!ということになりました。

ぐらつかないように!

今回はパレットが沢山あったのでパレットをばらして使いましたが、SPF材やパイン材で作るときれいで楽に作れると思います。パレットはバラバラにするのが意外と大変で作る前の一仕事に時間もかかります。バラバラにしたら、決めた寸法に板を切ります。板はかなりザラザラなのでヤスリでスベスベにしていきます。これは手作業は厳しいです。私はグラインダーでひたすらスベスベにしていきました。

私はこの作業、好きなので楽しいです。
スベスベになったら塗装をします。今回は焼き塗装を試してみました。
バーナーの火を板に当てながらゆっくり移動させていくと木目が焼けて浮き出る感じになり、色を塗るのとは違う風合いになりました。
渋い雰囲気です。そして組み立てていきます。旦那さんと二人で作ったので組み立てはとてもスムーズでした。
抑える人がいるとネジが打ちやすいと、改めて思いました。
植木の数と高さを考えて棚は二段にしました。

二段棚完成

早速、植木たちを並べてみました。
安定していてぐらつきもないです。良い感じにできました。テレビを見ていない時はソファーから緑を見て癒されています。とってもいい眺めなんです。
そしてなにより植物たちが、太陽の光を浴びてずっと元気でいてくれているのが嬉しいです。枯らせて悲しくなる事がなくなりました。棚を作って本当に良かったです!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ