ラチェットレンチの使い方、用途・種類について

ラチェットレンチの使い方、用途・種類について

第1章:ラチェットの構造
第2章:ラチェットレンチの用途・種類
第3章:ラチェットレンチの正しい使い方
第4章:ラチェットレンチの選び方
第5章:ラチェットレンチ取扱いの注意点
まとめ

 
ラチェットレンチを使うことで、ボルトやナットを簡単に、素早く締めることが可能です。スパナやドライバーなどの工具(ツール)と同じく、用途に合った使い方をすれば余裕をもって作業ができます。ここではラチェットレンチの種類や取扱いの際の注意点についてまとめました。


第1章:ラチェットの構造

ラチェット機構を使ったレンチのこと

 ラチェットレンチとは、動く方向を一方的に制限できるラチェット機構を保持するレンチのことです。ラチェットレンチはボルトの頭にはめ込んで使います。

 ラチェットレンチ以外のラチェット機構を取り入れたアイテムとして、自転車、ジャッキなどが挙げられます。ところで、ラチェットハンドルとラチェットレンチを混同して覚えている人がいますが、ラチェットハンドルだけではボルトやナットを回せません。注意しましょう。

第2章:ラチェットレンチの用途・種類

さまざまな用途に使われるラチェットレンチ

ラチェットレンチにはさまざまな種類があります。いくつかご紹介すると、以下のようなタイプが挙げられます。

  • 片口ラチェットレンチ
    ヘッドの表(片面)にソケットがついたタイプです。錆びついたボルトやナットに対応できるタイプ、狭い凹部での作業に適したタイプなどがあります。
  • 両口ラチェットレンチ
    ヘッドの表裏(両面)にソケットがついたタイプです。片口レンチ同様、オーソドックスなタイプになります。
  • ロングソケットラチェットレンチ
    ソケットの丈が長いタイプです。深さのある場所でボルトやナットを締めたり、緩めたりする作業に向いています。
  • ショートタイプラチェットレンチ
    柄が短いタイプになります。高所や、狭い場所でボルト類を締めたり、緩めたりする作業に役立ちます。
  • 薄型ラチェットレンチ
    厚みの薄いタイプになります。小回りが利くので、奥まった場所での作業をするときに向いています。
  • アルミラチェットレンチ
    アルミでできたラチェットレンチです。軽いため、携帯に便利です。

 

第3章:ラチェットレンチの正しい使い方

回転の切り替えはきちんと行いましょう

 ラチェットレンチの回転方向は、レバー(ピン)で切り替えます。レバーの切り替えが甘いと、うまく作業ができません。また、レバーに物が当たったときなどに、回転方向が勝手に切り替わってしまうこともあります。取扱い説明書を読んで、使用前に注意点を把握しておきましょう。

第4章:ラチェットレンチの選び方

長さとヘッド部分に注目しましょう

 ラチェットレンチを購入する際は、以下の点に注意してください。

<長さで選ぶ>

 ラチェットレンチの長さは商品によって違います。奥まったところのボルトやナットを締めるときは長いタイプを、ボルトやナットをきつく締めるときに力をかけやすくしたいなら短いタイプを選びましょう。用途に合わせて選ぶことで、商品の機能がより発揮されやすくなります。

<ヘッド部分で選ぶ>

 片口ラチェットレンチ、両口ラチェットレンチなど、ラチェットレンチはそれぞれでヘッドタイプが異なります。建設現場の作業に適したタイプ、水道本管での作業に適したタイプなど、用途によってタイプが細かく分類されています。また、首振りタイプと言ってヘッド部分に角度がつけられるタイプもあります。気になる方はチェックしてみましょう。

第5章:ラチェットレンチ取扱いの注意点

サイズやボルト・ナットへのはめ方に注意して

 ラチェットレンチを安全・快適に使うために、注意しなくてはならないポイントがあります。以下の点を守ることで、スムーズに作業を進められます。

<ソケットやボルトのサイズに合わせて決める>

 同じタイプのラチェットレンチでも、対応できるボルトやナットのサイズが異なることがあります。適したものを選ばないと、取りつけがうまくできません。どのタイプのラチェットレンチが適しているか分からない場合は、ホームセンターなどで店員に確認してみましょう。

<回転する際はしっかりとはめる>

 ラチェットレンチを用いてボルトやナットを回すときは、ヘッド(先端)に深く差し込んでください。角度をつけすぎたり、浅くはめて使ったりするとボルトやナットが歪む原因となり、良くありません。また、六角部が潰れやすくなるので気をつけましょう。

まとめ

 ラチェットレンチを使うことで、ボルトやナットの締めつけや取り外しが素早くできます。使用方法を守ることはもちろんですが、ボルトやナットに合う口径のラチェットレンチを選ぶことも必要です。作業を安全に行うためにも、用途に適したタイプを購入するようにしましょう。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ


このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。

他にもサポート情報が満載!

おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。
ロイサポートはロイモールで商品を購入した場合もご利用いただけます。

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。