ドライバーの種類と使い方

 ドライバーは、ネジを締めつけたり、緩めたりするために使うハンドツールです。木工の組立作業など、効率や力が求められる作業には電動ドライバーが向いていますが、繊細さが求められる作業では手回しで使うドライバーが活躍します。
 例えば、丁番や取っ手の取りつけ、ドア丁番やサッシの調整、コンセントカバーのつけ外し、照明器具の交換など、主にリフォーム やメンテナンスの作業では使うシーンがたくさんあります。
 ここでは、DIYでもよく使うプラスドライバーとマイナスドライバーの選び方について、また特殊な機能を備えた各種ドライバーについて解説します。

目次
1.ドライバーの各部の名称と機能
2.ドライバーの基本的な使い方
3.知っていると便利なドライバーの使い方
4.ドライバーの種類

1.ドライバーの各部の名称と機能

①先端部/ネジに接して回転する力を伝える部分。熱処理などで硬度が高められています。ネジの保持力を高めるために細かいギザギザの加工が施されているもの、ネジをキャッチするために磁気を帯びているものなどもあります。

②軸/形状は一般的な丸軸のほか、四角や六角のものもあります。作業箇所に応じて選べるように、短いものから長いものまでさまざまな種類が揃っています。

③グリップ/木製、樹脂製、ゴム巻きなど、材質はさまざま。形状のバリエーションも豊富です。

2.ドライバーの基本的な使い方

■サイズが合うドライバーを使う

 ドライバーは、JIS規格により先端部のサイズが決められています。このサイズがネジ溝のサイズと合っていないと、ネジにしっかりと力が伝わらなかったり、ネジ溝を破損することがあります。作業前には必ずネジ溝とドライバーのサイズが合っていることを確認しましょう。

 ここでは、もっともよく使用するプラスドライバーとマイナスドライバーのサイズについて説明します。そのほかの六角や星型六角(トルクス)のドライバーを使用するときも、ネジにぴったりと合うものを選んでください。

【プラスドライバーのサイズ】

プラスドライバーは締めつける力が強く、木工や組立家具、電気器具のカバー類には、たいてい頭に「+」の溝を切ったプラスネジが使われています。

 精密ドライバーをのぞいた一般的な作業で使用するプラスドライバーのサイズは、小さい方から1番(#1)、2番(#2)、3番(#3)、4番(#4)の番号がついています。そのなかでもっともよく使われるのが2番で、小ネジなどに1番を使います。プラスドライバーは、先端サイズが1番と2番のものを用意しておけば、ほとんどの作業に対応できるでしょう。
上の写真は、左が1番、右が2番の先端部です。使用する際、ネジ溝の大きさがどちらのサイズかわからない場合は、先に大きい2番を試し、入らなければ1番を選ぶようにしてください。

【マイナスドライバーのサイズ】

 マイナスドライバーは、頭に「-」の溝が切ってあるネジに使います。マイナスドライバーのサイズは、刃先の幅(刃幅)と軸の先端からつけ根までの長さで表されています。
 こちらもJIS規格で決まっていて、刃幅×軸長には4.5×50mm~10×300mmの8種類があります。締めつけるネジ溝の大きさによく合うサイズを選んで使うようにしましょう。

■押しながら回す

 ドライバーを使ってネジを回そうとすると、同時に先端部がネジ溝から抜けようとする力が働きます。先端部のかかり方が浅くなった状態でさらに回すと、先端部がネジ溝から外れたり、ネジ溝を破損したり(ネジをなめると言います)してしまいます。

 こうしたトラブルを防ぐために、ネジを回すときには手のひらでグリップエンドを包むように持ち、しっかり押しながら回すことが大切です。ネジ回しに使う力のうち、押す力が7割、回す力(トルク)が3割くらいの配分を心がけましょう。ネジを締めつけるときばかりでなく、緩めるときも同様です。

3.知っていると便利なドライバーの使い方

■固く締まったネジの緩め方

手の力だけでは回せないほど固く締まったネジには、貫通ドライバーを使います。
先端部をネジ溝に合わせてまっすぐに立て、ハンマーやカナヅチでグリップエンドを叩いて、ネジに衝撃を与えます。するとがっちりと材料に噛み合っていたネジがずれて緩めやすくなります。

■溝が壊れたネジの緩め方

 固く締まったネジを力づくで緩めようとすると、ネジの溝を壊してしまうことがあります。こうなるとドライバーの先端がかからず、回すことができません。次に紹介する対処方法を試してみましょう。
「+」の溝が壊れてしまった、俗に言う「ネジをなめた」状態です。溝の凹凸が残っていれば、なんとかドライバーで回せる可能性があります。
ドライバーとネジとの摩擦を増す効果がある、ネジの滑り止め剤を試してみましょう。
壊れたネジ溝に滑り止め剤を入れて、先端部のかかりをよくしてから貫通ドライバーなどで緩めてみましょう。
溝が壊れかけたときに無理をして回さず、損傷が小さいうちに滑り止め剤を使うと、緩む可能性が高まります。
この方法で緩められない場合は、ネジ外し専用のプライヤー(ネジザウルスなど)を試してみましょう。

■軸を着磁させる

 軸を磁化しているドライバーは、先端部とネジを密着させることができ、締め始めから安定した作業ができます。もともと磁化してあるドライバーでなくとも、専用ツールを利用して着磁させることができます。
ドライバーの軸を、簡単に着磁させることができるアイテムがこちら。磁力が低下したマグネット付きドライバーの磁力アップにも使えます。磁力が悪影響を及ぼす可能性がある精密機器の整備などをする場合には、一時的に脱磁することもできるスグレモノです。
着磁する方法はとても簡単。中心部の穴にドライバーの軸を差し込んで、引き抜くだけです。脱字するときは、周囲の側面で軸を数回こすります。

4.ドライバーの種類

 ネジを締めたり、緩めたりは単純な作業ですが、作業条件に適したドライバーを使わないと、効率が悪くなったり、ネジを回せなかったりと、作業に大きく影響します。ここでは通常のタイプにはない特徴や機能を備えたドライバーを紹介します。

■貫通ドライバー

軸がグリップの内部を貫通して、グリップエンドまでつながっているドライバーです。そのためグリップエンドをハンマーで叩くことができ、先端部からネジに衝撃を加えることができます。固着したネジを緩めやすくしたいときに使います。

金属部分が多いため重くなるデメリットがありますが、通常のプラスドライバーとしても使用できます。ただ、手が触れるグリップエンドまで電気が流れるため、電気関連の作業では使わないようにしましょう。

■インパクトドライバー

貫通ドライバーと同様に、固着したネジを緩めるために使用します。貫通ドライバーとの違いは、先端部をネジ溝に当ててグリップエンドを叩くと、衝撃を与えるのと同時に緩める方向に少しだけ回転するところ。貫通ドライバーでは緩められないネジを、回せる可能性があります。自動車整備など、機械類を分解する工程で、サビや熱で固着したネジを緩めるための専用工具として、よく使われます。

 多くの製品は、先端のビットが交換でき、スイッチで回転方向を切り替えることができます。

■ラチェットドライバー

一方向へは力を伝えて回すことができ、反対方向は空回りするというラチェット機構を備えたドライバーです。回すたびにドライバーを握り直さなくても、手首の回転だけで連続したネジ回しができるので、楽に効率よく作業できます。

多くの製品は、さまざまなネジのサイズや形状に対応できる、先端ビット交換式。ピストル型や平べったいスタビー型、T型など、グリップ形状も選べます。

■スタビードライバー

グリップの長さが極端に短く、通常のドライバーが入らない狭い場所での作業に適したタイプです。握りやすいボール状、つまむようにして使う円盤状などのグリップ形状のものがあります。

■精密ドライバー

時計、メガネ、精密機器などの修理や調整に使う、極小ネジを回すためのドライバーです。後端の皿状の部分は自由に回転するようになっていて、人差し指でこの部分を押さえながら、親指と中指でグリップを回して使います。メガネの調整に必要な種類だけを集めたセットもあります。

■電工ドライバー(絶縁ドライバー)

通電している箇所に先端が触れても電気を通さないように、グリップ部分が絶縁加工されています。大きな力をかけたいときは、太くなっているボール状の部分を握り、緩んだネジを早く回したいときは細い軸のつけ根部分を回すといった具合に、作業に応じた使い分けができるのも特徴です。

■ソケットドライバー

六角ナットや六角ボルトを回すためのドライバーで、ナットドライバーとも呼ばれます。スパナやレンチのように大きな力をかけることはできませんが、強く締めつけていないボルト、レンチで緩めたボルトをすばやく回すことができ、レンチと使い分けると作業効率が上がります。

■オフセットドライバー

通常のドライバーでは長くて使えない、高さがない狭い場所でネジ回しの作業ができます。

■フレキシブルドライバー

軸が長く、曲げられるようになっているため、ドライバーを真っ直ぐに立てて使えない位置にあるネジでも回すことができます。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ


このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。

他にもサポート情報が満載!

おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。
ロイサポートはロイモールで商品を購入した場合もご利用いただけます。

運営サイト ロイモールの便利なサービス

ご要望のサイズに木材をカット!
ネットでサイズをオーダー!1週間前後でお届け!

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内塗料です。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。

お気に入りの庭にお気に入りのファニチャーを。
オシャレなガーデンファニチャーございます。

おうちの入り口を飾る表札。シュミレーションサイトで確認しながら注文できます。

物置もおまかせください。買っても持って帰れない物置をネットで注文しませんか。