ノミの種類と使い方

 ノミは、木材に四角い穴を作ったり、寸法を微調整するために欠かせない道具として、木工作業で重宝されてきました。電動工具が普及して使用頻度こそ低くなりましたが、ノミを使うと便利な作業、ノミでなければできない作業は残っています。
 木工の幅を広げたり、技術を高めたりしたい方は、木材加工の道具にノミを取り入れてみてはいかがでしょうか。ここでは導入の参考にしていただけるノミの基本情報と使い方を紹介します。

目次
1.ノミとは
2.ノミの各部の名称と機能
3.ノミの種類 
4.ノミの選び方 
5.ノミの基本的な使い方

1.ノミとは

 ノミは、木材に穴や溝を作ったり、木材の一部を切り欠いたりするために使用する日本の伝統的な大工道具です。古くから木造住宅の柱や梁(はり)を組み合わせるための加工、ふすまや障子の枠や桟(さん)を組み立てるための加工に使われていて、木材を扱う職人にとっては必須の道具でした。近年はそうした加工にも作業効率の高い電動工具が使われることが多くなり、ノミの出番は減っていますが、繊細な調整や仕上げには、ノミを使わなければならない作業が残っています。

 実際には、ほかの工具と併用して補助的に使う方法が、効率が良く、実用性が高いでしょう。例えば、電動ドリルドライバーで穴の内側を掘っておいて、縁をノミで削って仕上げる、あるいは切り欠きを作るときに、ノコギリを使って細かく切り込みを入れておき、最後にノミでそれらを根元から切り落とすといった具合です。

2.ノミの各部の名称と機能

①穂先/刃のついた先端部分。穴を彫るために使う追入れノミは、刃幅の種類が数ミリ違いで豊富に用意されています。

②首/穂先と柄をつなぐ金属部分。

③柄/握りであると同時に、カナヅチで叩いたときの衝撃吸収の役割も持つため、木材が使用されています。

④かつら/叩くときの衝撃で木製の柄が割れないように、柄の後端に取り付けられた鉄製のリング。叩きノミに特有の金具です。

3.ノミの種類

■叩きノミ

 角材をT字につなぐホゾ組みをするためのホゾ穴を作ったり、十字などに組み合わせるための切り欠きを作る加工などに使うもので、カナヅチで叩いて使います。もっともよく使われるものに、浅い穴を彫るのに向く追入れノミがあり、刃幅は3~42mmの間に3mmごとにサイズが揃っています。

 そのほか、丸く削る作業に向くもの、細くて深い穴を彫る作業に向くもの、大きく深い穴を彫る作業に向くものなど、さまざまな作業に使い分けできるよう、穂先の形状の異なる種類が用意されています。

■突きノミ

 手で押して木材を削る用途で使うノミで、仕上げノミとも呼ばれます。カナヅチで叩くことがないため、柄の後端にかつらはついていません。

4.ノミの選び方

 初めに揃えるのであれば、蝶番を取りつけるための彫り込み、組手の穴彫りなど、一般的な木工作業で使用頻度の高い追入れノミを選びましょう。サイズの決まったホゾ穴を作るなど、用途が具体的に決まっている場合は、その作業に適した刃幅のものを選べばOKです。
 ただ、さまざまな作業にノミを使いこなしていきたい場合は、刃幅が9mm、15mm、24mmの3本を揃えておけば、削るところの幅に合わせて使い分けができて効率よく作業できます。
 その後、不足があったときに随時、必要なサイズのものや仕上げ用の突きノミなどを買い足していくと良いでしょう。

5.ノミの基本的な使い方

■使用前の準備

 購入時の叩きノミは、柄の後端にかつらがついているものの、かつらの方が出た状態になっています。そのまま叩いて使うとカナヅチがかつらに当たってしまい、刃先に力が伝わりません。使用前には必ずかつらをはめ直し、柄の方が出るように調整してください。

(1)かつらを外す

柄の後端にはめ込まれているかつらを、カナヅチを使って一度取り外します。

(2)木殺しをする

柄の後端のかつらがついていた部分を、ぐるりと1周、カナヅチで叩いて潰します。この作業を『木殺し』と言います。

(3)かつらをはめ込む

手順(1)と逆の要領で、カナヅチで叩いてかつらをはめ込みます。柄の後端が2~3mm突き出すところまで入れてください。

(4)尻部分を丸める

突き出た後端の縁をカナヅチで叩いて潰し、尻部分が丸くなるように仕上げます。以上で、かつらの調整は完了です。

■ノミの使い方(ホゾ穴を作る)

(1)木材を削るときの刃の向き

 ノミの刃は、仕上げ面を平らに削れるように片刃になっています。そのため、穴の縁に切り込みを入れるときなどは、残す側に刃裏(刃がついていない平らな面)を向けて垂直に刃を入れます。不要な部分を彫って取り去るときは、削る方に刃表を向けて材料をさらうように使います。
 また、木目に沿って削るときには軽く、木目を断ち切る方向に削るときは強く打ち込むように意識すると、削りすぎなどを防ぐことができます。

※ノミを使うときは、力が加わったときにずれることを防ぐため、必ず材料をクランプなどで固定してから作業してください。

(2)ホゾ穴の縁に切り込みを入れる

ホゾ穴の寸法に引いた線の2mm程度内側に、刃裏を外側に向けて垂直にノミを立てます。カナヅチで叩いて、縁に沿って切り込みを入れます。
このように、初めから線のぎりぎりのところに刃を入れず、少し余裕を残しておくと、削りすぎる失敗を防げます。
このとき、1回に切り込みを入れる深さは5mm程度にとどめておき、内側を取り除きながら少しずつ彫り下げていきましょう。

(3)内側を削り取る

穴の内側を彫るときは、刃を下に向けて持ち、まん中あたりから縁の切り込みの方へノミを入れて、不要な部分を取り除きます。
反対側も同じように彫ります。(2)と(3)の作業を繰り返し、寸法の深さまで穴を彫りましょう。

(4)穴の大きさを整える

最後に縁の線に刃裏を合わせて残っていた部分を削り落とし、穴の大きさを寸法通りに調整します。

(5)ホゾ穴の完成

気になる出っ張りやささくれが残っていたら、ノミを手押しで使って削り取り、きれいに仕上げれば、ホゾ穴の完成です。

一気に深くしようとすると、木目の方向に割れてしまったり、過剰に力が入って削りすぎてしまうことがあります。ホゾ穴を作る場合に限らず、ノミを使って作業をするときは、少しずつ削り取ることを心がけてください。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ


このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。

他にもサポート情報が満載!

おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。
ロイサポートはロイモールで商品を購入した場合もご利用いただけます。

運営サイト ロイモールの便利なサービス

ご要望のサイズに木材をカット!
ネットでサイズをオーダー!1週間前後でお届け!

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内塗料です。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。

お気に入りの庭にお気に入りのファニチャーを。
オシャレなガーデンファニチャーございます。

おうちの入り口を飾る表札。シュミレーションサイトで確認しながら注文できます。

物置もおまかせください。買っても持って帰れない物置をネットで注文しませんか。