自宅のDIY体験談:千葉県在住 イニシャルM・Y様

デスク周りの壁面を有効活用!壁面棚のDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

デスクが狭くならない棚が欲しい

パソコン作業や勉強などに使うデスクは、毎日使うものなので使いやすさが重要になってきます。
デスク周りには本や文房具、書類などを置きたい方も多いと思います。
最近では袖机がないデスクも売られていて、その場合の悩みが収納力のない事です。

ただのデスクの場合、ペン立てや本など必要なものを置くと、デスクの作業スペースが狭くなってしまいます。かといって何も置かないのはとても不便ですよね。デスクの隣に棚を置くのも1つの案ですが、そうすると部屋の面積が狭くなるし物が取りづらいなんて事もあります。

デスクや部屋のスペースはそのままで色々な物が置ける棚があったら便利ですよね。そこで今回はそんな悩みを解決できた方法をご紹介します。

壁面のスペースを有効活用できないか?

部屋の壁面は普段、時計を飾ったりポスターを貼ったりといった事でしか活躍しないように思えますが意外ともったいないスペースだったりします。

デスクを置いた時に大抵の場合デスクのどこかしらかしらが壁に接していることが多く、この壁面のスペースを有効活用できないか考えました。

そこで思い付いたのが、棚を壁面に設置して壁面スペースを有効活用するというアイデアでした。こうすれば手の届く範囲に物が置けて便利ですし、何より今まで通りデスクが広く使えます。また、自由な位置に棚の配置を調節できますし場合によってはいくつもの棚を設置することも可能ですから本や文房具などの必要なものを沢山置くこともできます。

木材を使って壁面に棚をDIY

今回のDIYでは主に木材を使って棚を作り壁面に設置していきます。実際に壁面に取り付けの際は全体のバランスを見ながら慎重に設置していきます。
【 用意するもの 】
・正四角形の板 2枚(17センチ×17センチ)
・長方形の板 1枚(17センチ×57センチ)
・円柱の細い木棒 1本(直径1.5センチ×57センチ)
・ネジくぎ(全長32ミリ×6本)
   (全長28ミリ×2本)
・吊り金具 2個(三角カン)
・電動ドリルドライバー

※皆さんが実際に作るときはデスクや自分の希望するサイズに合った大きさで作ってください。

STEP1:木材の全体にヤスリをかけます

特に角は鋭利になっている部分ですから念入りにヤスリをかけてください。こうすると手などが触れた時にもケガしないので安心ですし、全体にヤスリをかけることで見栄えも良くなります。

STEP2:電動ドリルドライバーで下穴を開ける

【真四角の板:側面】
底板を取り付ける部分に2箇所、バーを取り付ける部分に1箇所下穴を開けます。

【長方形の板:底板】
側面との接続部分に二箇所下穴を開けます。
【円柱の細い木棒:バーの部分】
円柱の棒は本などが落ちないように支えるバーの役目になります。円の中心に下穴を開けます

STEP3:それぞれのパーツを組み立てる

電動ドリルドライバーを使ってネジくぎで組み立てていきます。この際、バランスを見ながらネジくぎ締めをして下さい。

STEP4:お好みでペイントやニスを塗ります

塗らないで木目そのものを活かしてもいいと思いますし、ペイントして好きな色に仕上げるのもいいと思います。

STEP5:吊り金具を棚に二箇所取り付けます

市販の地売り金具は色んな種類が売っていますのでなるべく強度の高いものを選びましょう。

STEP6:壁面にネジくぎで設置します

デスクとのバランスや使いやすさをを考えて設置位置を決めます。

デスクも広く使えて便利で機能的な空間に!

壁面空間を有効活用することで、今まで通りデスクを広々と使うことができました。
手の届く範囲に物が置けますし、すぐに目の前に設置することができるのでとても便利です。
また、設置する位置によってはいくつも設置する事もできますし、オシャレで機能的なデスクになります。物が落ちるのを防いでくれるバーは、フックを引っ掛ける事もできますのでメモや必要なものを掛けておくのにとても便利です。

デスクの上もスッキリして大満足です。壁面に棚をDIYするのにかかった時間は2時間程度で、1人で完成することができました。

(以下完成写真)

木材カットサービスのご案内

木材のカットにお困りではございませんか?
ロイヤルホームセンターでは木材カットを承っております!詳しくはバナーをクリック!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。