クッションフロアの貼り方

 キッチンスペースや洗面所、トイレなどの床には一見フローリングのようにも見えるのに、足で触れた感触は木材よりもずっとソフトな、独特な床材が良く使用されています。その床材がクッションフロアです。クッションフロアはその名の通りクッション性に優れた大きなシート状の床材です。水に強く、手入れも簡単でクッション性もあるということから水周りをはじめ、住宅のあらゆる場所に使われています。

 デザインも多彩で、木目タイプでもベーシックなフローリングタイプから、ヴィンテージ風、ナチュラル風などもあり、さらにタイル調や大理石風、幾何学模様のデザインタイプなどそのバリエーションも非常に豊富です。また、木目パターンやタイルなどの模様に合わせて表面にリアルな凹凸などがつけられているものもあります。

 そんなクッションフロアですが、DIYでも簡単に貼り替えることができるというのも大きなメリット。長年使用しているクッションフロアなら汚れが目立ってきたり、傷がついてしまったというものもあるはずです。そこで、クッションフロアの貼り方について基本的なことからご紹介します。

1章:クッションフロアとは?
2章:クッションフロアのメリット・デメリット
3章:クッションフロアはどのような床に貼るの?
4章:クッションフロアの手入れ方法
まとめ

1章:クッションフロアとは?

機能的で種類も豊富なクッションフロア

 住宅の床材として使用されるクッションフロアは、厚さ1.8~4mm程度の塩化ビニール素材でできたシート状の床材です。CF(シーエフ)などと呼ばれることもあります。180cm程度のシート状になっており、ハサミやカッターなどで自由にカットすることで様々なスペースに手軽に施工することが可能です。フローリングなどに比べると安価な上、施工自体も難しくありません。

 また、クッションフロア自体は塩化ビニールでできているため表面は水を弾きます。そのためキッチンや洗面所などといった水回りに適しているとされているのです。汚れた際にも簡単に水拭きなどで掃除ができます。

 塩化ビニール素材に様々な模様をプリントできるので、そのバリエーションも非常に充実しています。最近はリアルさも増しており、一目見ただけではフローリングなのかクッションフロアなのか分からないようなものまであります。もしご自宅の床がどちらなのか分からないのであれば、手で触れてみてください。やわらかな感触が感じられるのであればおそらくクッションフロアです。

 表面には様々なプリントが施されていますが、裏面は白い不織布が貼られているのが一般的です。機能性の高いクッションフロアもありそういったものの場合は衝撃吸収機能や防音効果のあるものは薄いスポンジのようなものが貼りつけられているものもあります。足音などが響くのが気になるという場合はそういった機能性の高いクッションフロアを床に貼ってみると良いかもしれません。

2章:クッションフロアのメリット・デメリット

水に強く手入れが簡単。しかし熱に弱いのが欠点

クッションフロアのメリットといえば、塩化ビニールでできているため水濡れに強く、濡れてしまってもさっと拭き取るだけで済むこと。前述したようにキッチンや洗面所、脱衣所、トイレの床といった水回りはもちろん、人の出入りの多いリビングなどにも向いています。

 また、日ごろの手入れも同じ理由で簡単です。汚れたら水拭きするだけで拭き取ることができます。油汚れなどが付着しても、表面は樹脂なので、中性洗剤を含ませた雑巾で汚れを落とし、あとは濡れた雑巾で洗剤を拭き取るだけで元通りです。フローリングやカーペットなどではこうはいきません。その特性から土足の場所にも向いています。

 さらに、より汚れがつきにくく落としやすいように、防汚加工を施したものや、紫外線による劣化を予防するUV樹脂コーティング済みのものなどもあり、他にもカビの発生や繁殖を防ぐ抗菌加工タイプやペット用のクッションフロアなどといった様々な機能を持った製品も売られているのでどのようなスペースの床にも対応できるでしょう。

 加えて、他の床材に比べてその施工がとても簡単というのも大きなメリットでしょう。幅180cmほどの大きなシート状で売られており、必要なサイズに簡単にカットできます。またシート自体に柔軟性があり、軽く、薄いので女性などでも非常に扱いやすく、簡単に床に貼ることが可能です。

 デメリットとしては、柔軟性があるというその特性上重いものを長期間置いておくと、表面に凹みができてしまうということです。また塩化ビニール製なので、熱にもあまり強くありません。タバコの火や熱湯などで溶けてしまうことがあります。

 他にも、通気性がないため床下に湿気がたまってカビの生える原因になる場合があります。それに経年によって変色や退色が生じることもあるのでその場合には、例えばタイルカーペットのように傷んだ一部だけを交換するというわけにはいかず、床全面を貼り替えなくてはならないというのもデメリットかもしれません。クッションフロアはクッション性が高く足にやさしい上、手軽に貼ることができ、手入れも簡単。しかし、耐久性という意味ではそれほど高くない、そのような床材であると言えるかもしれません。

3章:クッションフロアはどのような床に貼れるのか

平面であれば基本的にどのような床でも大丈夫

 クッションフロアは基本的に平面の床であればどのような床にでも貼ることができます。床の下地やボードの上に直接貼ることもできますし、フローリングの上などに貼ることも問題ありません。
 またすでに貼ってあるクッションフロアの上に新しいクッションフロアを貼ってもかまいません。さらに、畳の上やカーペットの上にピンなどで固定するという方法でも貼ることができます。

 ただし、畳やカーペットの場合、クッションフロアには通気性がないのでカビが発生してしまうことがあるので、定期的に空気を通し、乾燥させてやる必要があります。
 このようにほとんどの場所に貼ることのできるクッションフロアですが、どのように貼るのが良いのかその基本的な貼り方を説明します。

●クッションフロアの貼り方

 ここでは、汚れの目立ってきたクッションフロアの上に、新しいクッションフロアを貼る方法を紹介します。

―準備するもの―

定規、巻尺、ハサミ、カッター、コーナーカッター、ペン、クッションフロア用両面テープ、ジョイントローラー、シームシーラー

―貼り方―

①床を掃除する

作業の前に、まず床を掃除します。古くなったクッションフロアの表面の汚れを、住宅洗剤などでしっかり落とし、水拭きをして乾かします。

汚れや油分などが残っていると両面テープがうまく接着できないのでしっかりと掃除しておきましょう。

②床のサイズを測る

クッションフロアを貼る床の幅と奥行きを測ります。測ったサイズよりも5cm程度大きめにクッションフロアの裏面にペンで印をつけます。

③カットする

クッションフロアの裏面にペンで書いた印を目安に定規などで正確に線を引きます。その線にそってハサミかカッターで正確にカットしてください。

④両面テープを貼る

床面のほうにフローリング用両面テープを貼ります。床全周と、内側にもクッションフロアが浮き上がらないようにしっかりと貼ってください。

⑤仮置きする

両面テープの表側の剥離紙はまだ剥がしません。まずはカットしたクッションフロアを仮置きします。サイズなどが間違っていないかを確認しましょう。

⑥貼りつける

問題なければ両面テープの剥離紙を剥がしてクッションフロアを貼りつけます。

⑦はみ出した部分をカットする

あらかじめ大きめにカットしておいたので端の部分はクッションフロアが余るはずです。余った部分はカットします。

まず床と壁の境目に定規をしっかり押し当てて、密着させカットするべきラインを作ります。あとはカッターかコーナーカッターで余分な部分を切り離します。

⑧しっかり密着させる

ジョイントローラーを使って、周囲をしっかりと押さえます。クッションフロアを両面テープに密着させてください。

⑨完了

これで完了です。

⑩出隅への貼り方

クッションフロアに出隅がある場合は、写真のように角をまきこむようにクッションフロアを置き、床と壁のラインを出します。

⑪コーナーの余分な部分をカット

出隅の角にカッターを縦に入れてから床面の余分な部分をカットしてください。

⑫ジョイントローラーで押さえる

カットした端の部分がめくれてこないようにジョイントローラーを使ってしっかり押さえれば完成です。

●広いスペースに重ねて貼る場合は

 床面が広い場合、クッションフロア1枚では貼りきれないので、複数枚のクッションフロアを貼り合わせることになります。その際の貼り方はこちらです。

①5cm程度重ねて置く

クッションフロアを貼り合わせる部分は、柄が合うように5cm程度重ねておきます。

②両面テープで固定

位置が決まったらクッションフロアを両面テープで固定します。その際、2枚の繋ぎ目の下になる部分には両面テープをまだ貼りません。

③重なった部分をカットする

クッションフロアが重なった部分の真ん中をカッターナイフで正確にカットします。あらかじめ柄を合わせておけば柄もぴったり合っているはずです。

④カットしたものを剥がす

カットをした余分な部分を剥がして取り除きます。

⑤繋ぎ目部分の下に両面テープを貼る

次に2枚の繋ぎ目部分の床にクッションフロア用の両面テープを貼ります。合わせ目がちょうど真ん中にくるようにテープを貼ってください。

⑥繋ぎ目部分を床に固定する。

両面テープの剥離紙を剥がして双方のクッションフロアを床にしっかり貼りつけ固定します。

⑦合わせ目を溶着する

合わせ目となった部分にシームシーラー(クッションフロア用継ぎ目処理剤)を塗ります。

これで合わせ目が溶着されしっかり繋がります。塗ってから乾燥まで一時間ほどおけば完成です。

4章:クッションフロアの手入れ方法

基本は掃除機がけと水拭きだけで大丈夫

●普段のお掃除

 塩化ビニール製のクッションフロアは耐水性に優れ、掃除やお手入れがしやすいのが特長です。そのためキッチンやトイレ、洗面所などに多く利用されていますが、長く使うには当然ですが掃除やお手入れが肝心です。
 正しい掃除方法や、お手入れの仕方を身につければ、より長くきれいな状態に保つことが可能です。
 クッションフロアの表面は塩化ビニールという樹脂でできていますが、その下の層にはウレタンなどが使われています。このウレタンのおかげでクッション性があるのですが、表面に塩化ビニールが水に弱いウレタンに水分が浸透するのを防いでいます。
 そのため普段のお掃除はとても簡単です。掃除機でほこりなどを取り除いた後、固く絞った雑巾で水拭きをするくらいで問題ありません。もし水拭きでは取れないしつこい汚れなどがある場合は、薄めた中性洗剤などを使ってください。仕上げに固く絞った雑巾で洗剤分を取り除いて拭きあげれば良いでしょう。

●油汚れの掃除方法

 キッチンのクッションフロアはどうしても料理の際の油などで汚れてしまいがちです。飛び散った油などを放っておくとそのまま固まってべたつきの原因になってしまいます。このような油汚れは、クッションフロア用のクリーナーなどで拭き取ってください。
 汚れを取り除いたら固く絞った雑巾で水拭きをします。

●カビが発生してしまったら

 水周りの床に使用されているクッションフロアは、どうしても水分がたまりやすく掃除やお手入れを怠っているとカビが発生してしまうことがあります。カビが発生してしまったらできるだけ早めに中性洗剤で拭き取ってください。
 それでも落ちない場合は、カビが塩化ビニールの下の層にまで達してしまっている可能性があります。そうなってしまったら取り除くのは困難です。

 カビの発生してしまった部分を切り取り、同じ柄のクッションフロアを貼るなどの処理が必要です。
 そのやり方は、まず同じ柄のクッションフロアを用意します。次に柄が合うように少し大きめにカットし、カビで傷んだ部分が隠れるようにテープで仮固定します。
 下のクッションフロアごとカッターで切り取れば、切り取った傷んだ部分にぴったり合う補修用のクッションフロアパーツができます。

 これを床に両面テープで貼りつけ、繋ぎ目にシームシーラーを塗って溶着すれば補修完了です。あまりに傷んだ箇所が多い場合は補修をあきらめ、新しいものに貼り替えるという方法もあります。

●ワックスでクッションフロアを保護

 クッションフロアは基本的に掃除機がけや水拭きなどの普通の掃除をするだけで、きれいな状態が長持ちします。フローリングなどのように定期的なワックスがけなどのお手入れは必ずしもやる必要はありません。
 しかし、お気に入りのクッションフロアをできるだけ傷や汚れ、変色などから守りたいという場合には、ワックスがけはとても有効なお手入れ方法です。またワックスをかけることで表面にツヤも出て汚れもつきにくくなるので、美観の意味でもワックスがけを行うのはオススメです。
 ただし使用するワックスは必ずクッションフロア対応のワックスを選んでください。
 ワックスのかけ方は、まず床面のほこりを掃除機などで取り除き、中性洗剤などで拭き掃除をします。床が乾いたらクッションフロア対応の床面専用の樹脂ワックスなどを塗ります。ワックスが乾いたら終了です。
 もしクッションフロアの表面に、以前に塗ったワックスがまだらに残っている場合は、一度剥離剤で剥がしてから汚れを落とし、ワックスをかけるとより高い効果が得られます。

まとめ

 床材には様々なものがありますが、費用面と、バリエーションの豊富さ、そして施工性の高さで考えると非常に魅力的なのがクッションフロアです。クッションフロアであればDIYでも手軽に貼り替えが可能です。
 リフォームなどを予定されているなら、お好みのクッションフロアを選んでDIYで貼り替えに挑戦してみるのはいかがでしょう。きっと満足いく結果が得られるはずです。

このカテゴリーのオススメ記事

No image

カテゴリー

タグ


このコンテンツはロイモールがお届けしました。ロイモールは大和ハウスグループのロイヤルホームセンターが運営するオンラインショッピングサイト。園芸用品・木材・DIY用品・工具・作業服・塗料・水道、電設用品・生活家電・照明・寝具・収納用品・日用品・介護用品・キッチン、バス、トイレ用品・文具・カー用品・ペット用品等幅広い品揃えをし、お客様をお待ちしております。ぜひ一度、ロイモールへお越しください。

他にもサポート情報が満載!

おうちのトラブル、ロイサポートにお任せください!ロイサポートは当社の従業員が取付や修理をするサービスです。