自宅のDIY体験談:S県在住 U・S様(主婦)

狭い部屋でもOK!壁に穴を開けないDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

我が家の狭いリビングと散乱する雑貨

新築を建て、早4ヶ月が経ちました。ずっと見て見ぬフリをしてきましたが、床には置きっぱなしのモデムと雑貨たちが散乱しておりました。そこで家族会議。

キャビネットを買おう!

と提案しましたが、置きたい所にスペースがなく、もし置いてしまったら通路として通れる幅が僅かになってしまうことに気が付きました。
さすがに通路20センチ幅はキツいよね、と。

小さめのキャビネットを買えばいいじゃない。→値段高いし、我が家のテイストに合わないし。

モデムを移動させれば…→そんな業者を呼びなおすなんて面倒なことやりたくないです。
どうしてもっと広いリビングにしなかったんだー!→お金かかるから。

このようになかなか良い方法が見つかりませんでした。
でももう家を建て直すことなんてできません。
自分たちでなんとかするしかないのです!

こうなったら棚を作ってしまおう!

棚を作ればキャビネットがなくたってモデムも雑貨も置けるよ!という思考に辿り着きました。たしかに棚なら、キャビネットほど幅も取らないし、壁面だからスッキリはず。
しかし、ここでまた問題が。
我が家は新築…いや、新築でなくたって穴なんて開けたくない。ずっと綺麗な壁でいて欲しい…我が家は我儘です。
そこで「ディアウォール」という商品を使うことにしました。
2×4の木材を差し込み、つっぱり棒のように天井と床に設置すれば…なんと!
その木材に釘を打ち放題、やりたい放題なのです。これなら自分たちの好きな幅にできるし、好きなデザインにもできます。まさに願ったり叶ったり。
そんな素敵すぎる商品を使って棚を作ることにしました。

2人でやらないと無理なのでは?いよいよディアウォール設置

まずホームセンターで購入したものは以下。

・ディアウォール
・2×4の木材(天井から床までの長さから45mmカットしたもの
・有孔ボード
・有孔ボード用のフック
・棚となる2×4の木材
・ラブリコの棚受
ディアウォールはホワイト・ライトブラウン・ブラウン・ブラックと4色ありますが、我が家は真っ白な壁なので白をチョイス。それに合わせてラブリコの棚受も白にしました。
ディアウォールから出てる棚受も候補にしましたが、ディアウォールの方は正面からは見えにくいデザインなんです。

あえて棚受を見えるデザインにしてアクセントにしたかったので、ラブリコを選びました。
説明書通り、天井から床までの長さの2×4をホームセンターで45mmカットしてもらいました。いよいよ突っ張ります。
天井の壁をキズつけないように優しく突っ張りました。
上部のディアウォールがバネのようになっているので、1人が上を押さえつつ、もう1人が下の木材を潜り込ませていきます。
ネットでは1人でやっている方もいらっしゃったのですが、私たちは夫婦で協力しなければとてもじゃないですができませんでした…1人でできた方、尊敬致します。
ラブリコの棚受けをつけて…
有孔ボードをつけて…

一応棚をつける位置は両方の木材に印をつけましたが、何故かズレていたので、遠目で位置を確認しながらつけました。
丸いモノを転がし、ちゃんと水平かどうかをチェック。いよいよ完成です。

こんにちは床!壁面収納成功!

床に散らかっていた、本・雑貨類(ペンなど)・書類、そしてモデムを綺麗に壁面へ収めることができました。
とにかく改善されたのは、あれが欲しい!と思ったときに、探さなくて済むというところ。
ペンなんかは置くところを決めないとずっと探してますからね…時間の無駄です。

あと、床にモノがあると通るたびに憂鬱になりますが、こうスパッと収まる所に収まってくれると気持ちがいいですね。

有孔ボードは飽きたら違う感じに模様替えできるので付けて正解でした。
まだまだスペースがあるので、置くものを考えていきたいと思います。
(置きすぎてゴチャゴチャにならないように気を付ないと(笑))

それにしてもディアウォールの活躍には度胆を抜かれました。
部屋が全然狭くならないのに収納力は抜群です。

ディアウォールの活用方法はネットにもたくさん載っているので、ほかの人の記事を見るのも楽しいです。
我が家はまだまだ改善点がいっぱいです。最近買った、ワイヤレス掃除機の置き場所もディアウォールで作ろうかなと思案中です。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ