これはサッシ下部にある戸車を下から見た写真です。
サッシにガタつきがでたら戸車の高さを調整することで直る場合があります。
サッシの下にあるネジが高さ調節ネジです。ここにドライバーを差し込んでください。
通常はサッシ窓にはめた状態で調整しますが、構造を説明するために写真はサッシ窓から外した状態です。
ドライバーで回すことで、戸車の高さが変わります。一般的に5~6mmm程度の範囲で上下します。
動きが悪くなった戸車は交換することができます。
古い戸車をサッシから取り外してください。交換用の戸車は一般的に差し込みタイプを使います。サッシ溝幅に合わせて購入してください。
戸車の交換が完了しました。
サッシ窓を調整して楽に動くと窓の開け閉めも快適になります。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ