自宅のDIY体験談:神奈川県在住 S・N様(看護師)

リフォームに役立つ窓枠塗装のDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

窓枠の塗装が日焼けや経年劣化でボロボロになってしまった。

木の窓枠が直射日光の日焼けや経年劣化により、塗装がはげて、ボロボロになってしまって、とてもみすぼらしくなってしまいました。
同様にカーテンレールのプラスチック部分も白から茶色へと変色してしまっていて、見た目が汚く見えていました。

採光部という事もあり、自然に目に入るのですが、劣化部分が目についてしまい、お友達を呼ぶ際など、肩身の狭い思いをする事になってしまいます。

そこで一念発起して、DIYに取り組む事にしました!

サンダーでやすりがけ、パテ埋め後、油性ペンキで塗装をする事に!

色々とどうしようかと調べたのですが、初めはホームセンターで売っている木目のシートを貼り付けて対処しようと考えました。

理由は見た目が均一になるため、見た目はこちらの方が良いかなぁと思いました。
しかしシートですとどうしても嘘っぽいといいますか、人工的なものになってしまうため、せっかくの木のぬくもり感が消えてしまうのですよね。

また素人だと特に角部分の貼り付けが難しく、技術的に難しい事もわかりました。

しかし塗装も経験がなかったので綺麗に塗れるのかとても不安でしたが、色々と検討した結果、最終的に素人でも取り組みやすいペンキでの塗装を選択しました!
また合わせてカーテンレールもホームセンターで伸縮式のものが販売されていたので、それと交換をする事にしました。

ホームセンターで必要物品をレンタル、購入して塗装開始!

窓枠塗装の大きな作業としては、

・電動サンダーでヤスリがけして、今の塗料を落として均一にする
・パテで凸凹を埋めて均一にならす
・ハケでペンキを塗る
といった流れとなります。
一方でカーテンレールは、ドライバーでネジを外して交換するだけです!

そこでまずは【準備編】という事で必要物品を調べたところ、

・電動サンダーでヤスリがけして、塗料を落として均一にするには電動サンダーと紙やすりが必要な事がわかりました。
電動サンダーでなくても、頑張れば紙やすりだけでも大丈夫ですが、とんでもなく時間がかかると思います。
ホームセンターに行くと1泊2日で数100円(私は300円でした)で借りられますので、これは絶対に借りた方が良いと思います。

他にも電動ドリルや、ドライバー、中には発電機まで貸してくれるところもあるみたいです。
紙やすりは1枚100円もしませんでしたが、荒削り用100と均し用180で2枚買いました。
なお数字で粗さが違って、数字が低い方が荒いやすりになるそうです。

そして

・パテで凸凹を埋めて均一にならす
ではパテとパテを均すヘラが必要です。ヘラは適当に選びましたが、パテは練ると色味を濃くできるものがありましたので、そちらをチョイスしました。

最後の

・ハケでペンキを塗る
にはハケとペンキと余分なペンキがつかないようにマスキングテープを購入しました。
ハケは一本は細かい部分用の細いのがあると良いと思いますが、メインは窓枠の幅を見て適当なものを選びました。マスキングテープも幅に合わせて適当に選びました。
一番重要なペンキですが、とても種類がたくさんあって悩みました。
匂いが少ないのは水性塗料でしが、塗りやすい事と耐久性が良いという事で、最終的には油性塗料を選択しました。

これからが【実践編】という事で実際の作業になります。

・電動サンダーでヤスリがけして、塗料を落として均一にする
では電動サンダーに紙やすりをセットして、コンセントに接続。
後は手元のボタンを握ればOKです!

振動が強くて最初は少し苦戦しましたが、慣れてくると綺麗になるが楽しくてやみつきになりました!反省点として、削ろう削ろうと思って、サンダーを押し付けすぎてしまい、

紙やすりがすぐに破れてしまった事です。
この辺りは経験が必要なのかなぁと感じました。

そして次に

・パテで凸凹を埋めて均一にならす
ですが、こちらはよく見ると穴がポツポツ空いてしまったりしていたので、そこにパテを充てがい、ヘラで均一にならしました。

こちらは量がそれ程なかったので良かったですが、やはり均一にならすのは多少なりとも技が必要になると感じました。

最後に

・ハケでペンキを塗る
ですが、まずはマスキングテープで境目をきっちりとガードしました。
振り返るとこれが一番仕上がりに重要になると思いました。きっちり貼って良かったです。

後は塗料を用意して、好みの色味になるまで重ね塗りをしました。

少しべったり塗りすぎてしまい、ペンキが垂れてくる部分もあったのですが、乾く前に気づく事が出来て何とか補修する事が出来ました。
後はひたすら乾くのを待ってから、乾いた後にマスキングテープを外せば完成です!

なおカーテンレールは外して取り付けるだけです。

見違える様に綺麗になりました!

窓枠塗装だったのですが、ピカピカになって、新しい家にいる様な感覚さえ覚えられました。

今回初めての塗装でしたが、こんなにも手軽に出来て、これ程変わると知ってしまうと他にも色々と試してみたくなってしまいました!
これからも自分で出来るところは、自分でDIYに取り組んでいきたいと思います!

(以下完成写真)

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ