ふすまは、タバコのヤニやホコりなどで意外と汚れているものです。ふすまの貼り替えは難しいと思いがちですが、簡単にできます。今回は糊付きタイプのご紹介です。

必要な材料・道具・備品のリスト

★ ノリ付きふすま紙 ★アイロン貼りふすま紙 ★ 水ぬり用スポンジ
★ おさえバケ ★ バール(枠はがし) ★ 木ヅチ
★ マイナスドライバー ★ ラジオペンチ ★ カッターナイフ

手順方法

1. 左右の枠をはずす
左右の枠は、あて木をし木ヅチかカナヅチで軽くたたくとはずれます。
2. 上下の枠をはずす
枠とふすまの間にバールやマイナスドライバーを差し込んですき間を作り、
木ヅチかカナヅチで軽くたたいて枠をはずします。
3. 枠・ふすまに印を付ける
はずした枠は、左右どちらのふすまの枠がわかるように書いておきます。
枠だけでなくふすまにも、ふすまの上下がわかるように書いておくと
ふすま紙を貼る時にすぐに上下がわかります。
4. 引手をはずす
引手座の下にバールかマイナスドライバーを差し込んで、引手をとめてあるクギを浮かせます。
クギはラジオペンチで抜いておきます。
5. 穴アキなどの補修
ふすまに破れた穴があったら厚手の紙にノリをつけて、穴よりも大きめに貼って補修しておきます。
基本的には古いふすま紙ははずさずに上から新しいふすま紙を貼りますが、
大きな破れがあるときなどはふすまの枠の5mm内側をカッターで切り、
古いふすまをはがして新しいふすま紙を貼ります。
6. ふすま紙の裁断

ふすま紙の板をふすまに合わせて、四方1cmぐらい大きめにとって裁断します。

7. ふすま紙に水をぬる
裁断したふすま紙のウラ側に水ぬり用スポンジで、たっぷりと水をつけ、糊をもどします。
紙が伸びきるまで約3分おいておきます。
8. ふすま紙をふすまと合わせる
のり面を上にしたふすま紙の上にふすまを静かにのせます。
そしてふすま紙が上になるようにひっくり返します。
9. シワのないように貼る
押さえバケで中心から軽く両側へ空気を出し、シワにならないよに貼りつけます。
もしシワになったらシワのできた所まではがしてもう一度貼り直します。
10. はみ出し部分を切る
はみ出したふすま紙を折り曲げて、ふすまの側面にしっかりと貼りつけます。
角の部分はハサミで図のように切り込みを入れるときれいに貼ることができます。
余分な部分はカッターで切り落とします。


11. 引手を取り付ける
引手部分にカッターで十字に切り込みを入れ、引手をはめ込み、クギを打ち付けて引手を取り付けます。
裏面も4~11までの作業と同様にしてふすま紙を貼りかえます。
12. 枠をはめる
枠を元どおりにふすまにはめ込んでできあがりです。
全体が乾くまで立てて陰干しをしておきましょう。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ