カーテン、ロールスクリーンのお手入れと洗濯方法
取りつけている数や接地面積は広いのに、目立つよごれがついたときでもないと、ついついほったらかしにしがちなカーテンやロールスクリーン。布製品のためホコリは付着しやすいですし、毎日の開け閉めによる手の脂、結露が原因のカビなど、想像以上によごれがついているものです。洗濯ラベルの表示をチェックして、「水洗い可」のマークがあるものは、ときどき洗濯することをおすすめします。一般的なご家庭では、ドレープカーテンで年1回、レースカーテンで年2回の頻度で洗濯すれば、きれいな状態を保てるでしょう。

カーテンの洗濯方法

(1)カーテンをたたむ
カーテンレールからはずし、フックをすべてとったカーテンを床に広げて、はじからプリーツ状(アコーデオン状)に重ねながらたたみます。

(2)洗濯ネットに入れる
縦に小さく折りたたみ、生地を傷めないように洗濯ネットに入れます。
(3)洗濯機で洗う
衣類などほかのものと一緒にしないように洗濯機に入れ、「弱水流」を選択して洗濯機を回します。洗剤はデリケートな衣類用を使用してください。シワが強くつかないように、脱水は1分ていどにします。
カーテンレールに戻して干すのが、手間もかからず、カーテンにもよい方法です。自然なドレープが出るように、ひだを整えて干しましょう。シワが気になってアイロンを掛けたい場合は、必ずラベルの表示を確認してください。
カーテンレールに戻して干すのが、手間もかからず、カーテンにもよい方法です。自然なドレープが出るように、ひだを整えて干しましょう。シワが気になってアイロンを掛けたい場合は、必ずラベルの表示を確認してください。

ロールスクリーンのお手入れ方法

色ロールスクリーンにはウォッシャブルタイプと通常タイプがあります。ご家庭のロールスクリーンの洗濯ラベルをチェックして、ウォッシャブルであれば、日ごろは固くしぼった布で拭き掃除ができます。そうでない通常タイプの場合は、ハタキやハンディモップでホコリを落とすようにします。ウォッシャブルタイプでよごれが気になる場合は、部分洗いをしないで、洗濯機でまるごと洗いましょう。

<ウォッシャブル・ロールスクリーンの洗濯方法>

(1)スクリーン生地を取りはずす
壁のホルダーからはずしたら、スクリーンを最後まで引き出し、ファスナー部分から取りはずします。
(2)ウエイトバーを抜く
ウエイトバーの両端についているキャップをはずし、バーを抜き取ります。
(3)残った芯を抜く
生地のなかに残っている芯を抜き取ります。
(4)洗濯機で洗う
ネットに入れたり、折りたたんだりしないで、ふんわり丸めて洗濯機に入れ、衣類などほかのものを入れずに洗います。洗いは「弱水流」を選択して洗濯機を回し、脱水は30秒程度にします。
シワができないように物干しにかけて陰干しし、乾いたらはずしたときと逆の手順で取りつけます。シワが気になる場合は、あて布をしたうえから中温で軽くかけてください。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ