網戸の掃除

せっかく窓掃除をしても、網戸が汚れたままでは部屋の内側から見る景色はいまひとつクリアになりません。雨風にさらされて砂やほこりがついた網戸には、目立たなくとも汚れがたまっているからです。ただ、掃除機で汚れを吸い取ったり、取りはずして水洗いするのは手間がかかるし、雑巾を使って水拭きするのは網を傷めそうで不安です。そこで今回は、窓掃除のついでにやる気になれる、簡単な網戸掃除アイテムを紹介します。
<ワイパータイプ>
持ち手がついたワイパータイプの器具に、使い捨ての専用ウェットシートをセットして使用します。洗い流したり、仕上げ拭きをする必要はありません。汚れがひどい場合は、1か所を2~3往復させればOKです。ハンドルの長いロングタイプもあります。
洗浄液を含んだウェットシートをワイパーにセットします。
掃除では外側から網戸にシートを密着させ、力が均一にかかるようにワイパーを動かします。
<ローラータイプ>
マイクロファイバー繊維に洗浄液を含ませて網戸の片面を転がすと、反対面の汚れもかき出すのが特徴です。こすり洗いをしないので力がいらず、網目を傷めることもありません。
水に食器用洗剤を少量入れた洗浄液を準備し、ローラーにつけて余分な液を落とします。
ローラーを上から下へとゆっくり転がし、網戸全体に洗浄液をつけます。
固くしぼった雑巾で、網を押さないように軽く拭き上げれば掃除完了です。

すべりの悪くなった網戸の補修

網戸の開閉が重くなったり、ガタつくようになったら、戸車の不具合が考えられます。レールの掃除や調整ネジでの調整ですべり具合が改善しない場合は、新しい戸車に交換しましょう。メーカーの専用部品は取り寄せる手間がかかったり、古いものは廃盤になっていたりして入手しにくい場合が多いです。ほとんどの網戸に取り付けられる「取替用」戸車を利用するのが手軽です。サッシ下側の溝の高さ、内幅を測り、サイズの適合するものを選んでください。
古い戸車を取りはずします。
はめ込みタイプの「取替用戸車」をサッシ下側の溝にはめ込みます。
しっかり置くまで押し込めば取りつけ完了です。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ