自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:大阪府在住 Y・H様(整理収納アドバイザ―)

キッチンに移動可能な便利ワゴンをDIY

※こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

机の下で邪魔だったカラーボックスをどこでも活躍できるワゴンにリメイク

机の下で、足がつっかえて邪魔になっていたカラーボックスがありました。
このカラーボックスを手軽に便利な何かにリメイクできないかと考えたところ、モノが多いキッチンの細々したモノを、使いやすく収納するおしゃれな可動式ワゴンにすることにしました。手軽にリメイクするには、どうすればいいのか…と考え、そこで、剥がせる壁紙を使って、手軽で、おしゃれで、便利なリメイクワゴンをDIYすることにしました。

面倒くさがらず、少しひと手間

どこにでもあるカラーボックスですが、このカラーボックスにキャスターを取り付け、壁紙を使って、DIY初心者の方でも手軽に、ガラリと見違えるほどおしゃれなワゴンに変身させたいと思います。
まずは、上のカラーボックスを全てバラバラにしてしまいます。
そうすることで、板それぞれを、壁紙でキレイに包むことができ、仕上がりがキレイになります。

壁紙は、今100均などでも販売されていますが、ホームセンターなどで販売されている、しっかりとした壁紙を使うことで見た目、質感が全く変わってくるので、そちらの壁紙を使用することをおすすめします。

バラした板、それぞれに壁紙を丁寧に貼っていく

ホームセンターなどで販売されているDIY用壁紙は、分厚くヨレにくく、とても貼りやすいです。
長さや幅もいろいろあるので、カラーボックスなどのリメイクに使うのであれば、幅広のモノより450mmや600mmなどの扱いやすい幅のモノを使うのがおすすめです。
ハサミやカッターで簡単にカットできるので、DIY未経験者の方でも、簡単にできます。
壁紙を貼るときに、板の面にペタッと貼るのではなく、板を1枚ずつ、壁紙で包むようにして貼った方が捲れてきたりせず、仕上がりがキレイです。
1枚ずつ貼り終えたら、元の形に組立てていきます。
ネジ穴やダボ穴は、指で壁紙の上から触るとすぐにわかります。桐などでキレイに壁紙に穴を開けておくと良いかと思います。
ダボははめにくく感じますが、金槌などを使うとキレイにはめ込むことができます。底板にはキャスターを付け、移動できるようにします。
このカラーボックスは棚板用のダボ穴があるため、入れるモノに合わせて棚の高さを変えています。
最近ではホームセンターなどに売っている普通のカラーボックスも、棚の高さを変えることができますので、収納するモノに合わせて手軽に棚の高さを変更できます。

おしゃれなキッチンワゴンの完成

ホームセンターなどで販売している、しっかりとした壁紙を使用すると、このように見た目も木材で作ったように見えます。ごちゃごちゃとした部分は、突っ張り棒とカフェカーテンなどを利用するとスッキリ見えます。壁紙がしっかりしているので、キッチンなど、水気が飛んでくるような場所でも大丈夫です。またキャスターを取り付けているので、どこにでも簡単に移動することができ、大人数が集まったときに、料理を乗せたり食器を乗せたりして、運ぶのにも便利です。
キッチンでもダイニングでもリビングでも活躍できそうなワゴン。壁紙を貼るだけの簡単リメイクで、邪魔で処分しようかなと思っているカラーボックスなどを活躍できるワゴンに変身させてみてはいかがでしょうか。

木材カットサービスのご案内

木材のカットにお困りではございませんか?
ロイヤルホームセンターでは木材カットを承っております!詳しくはバナーをクリック!

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。