自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:広島県在住 S様(会社員)

キッズスペースをリビングに増設!
ラブリコでDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

家族が増えてキッズスペースの増設が緊急課題に

2DKの賃貸に家族4人で暮らしています。はじめに越して来たときは、まだ2歳の息子と夫婦2人の3人家族で、”広くないけどちょうどいい“という印象でした。しかしあれから3年、新たに娘も誕生し、気づけば息子は5歳の年中さんになっていました。幼稚園グッズやおもちゃに併せて、下の娘のおもちゃや洋服と、子どものものがどんどん増量していき、手狭さを感じ始めました。
年中になる息子は、とにかくレゴブロックが大好きで、暇さえあれば黙々と作品作りに励んでいます。しかし娘が大きくなってきてからは、“お兄ちゃんのおもちゃに興味津々な娘”という敵が出現し、作品を壊されては泣く日々が続きました。そして、息子専用の棚や机があれば…という話になりました。

なければ作ればいい!DIYでキッズスペース作りを決意

まず、子ども用の机など市販のものを検討してみたのですが、どうしても狭い我が家にこれ以上家具を増やしたくない…広々と遊べるスペースも確保してあげたいため、できるだけスペースを取らない方法を考えることになりました。そんなとき発見したのが、インスタでキッズスペースをDIYしているアカウントです。2×4材とディアウォールやラブリコを使ってDIYしている写真を見て、我が家もこれを使おう!と決意しました。部屋を見渡すと、ちょうどテレビ近くに開いているスペースを発見し、そこに息子のものを収納できる棚+ブロックを作る机を作成することにしました。

ラブリコを使ってキッズスペース作りに挑戦!

早速ホームセンターに行き、必要な材料を調達してきました。
用意した材料は、
・ラブリコ2つ
・2×4材…天井までの長さを2本分
・棚用の板…2枚
・L字金具…6つ
・ペイント
といったものです。電気ドリルは実家にあるものを借りて対応することにしました。
天井までの長さの2×4材を持ち帰るのは困難なので、天井までの長さの1/2×4の2×4材に有料カットをお願いし、ラブリコのジョイントでつなぎ合わせることにしました。机用に使用したのは、以前使っていたテレビ台の端材を残しておいたものです。
一応見た目にもこだわりたかったため、木材はペイントすることにしました。ペイントしたのは2×4材と机用の板です。子どもたちが寝た後2日に分けて、木材をペイントしました。
ペイントが終わると、いよいよ設置です。本当は大人2人でやりたかったのですが、子ども達を見ている役目も必要なため、大人1人での作業になりました。
まず2×4材2つをジョイントし、上と下にラブリコを取り付けます。きちんと計算してサイズを割り出したはずが、サイズが合わない…!と焦る場面もありましたが、ラブリコの調節でなんとかクリアし、無事設置することができました。あとはL字金具を棚の位置に合わせて取り付け、最後に棚板をねじ止めして完成です。
ペイント時間を除き、かかった時間は2時間程度です。1人でも問題なく終了することができました。

息子専用のキッズスペースで部屋はスッキリ息子も大満足!

どうにか完成したキッズスペースは、こんな感じです。
横には100均で購入したフックを取り付け、幼稚園用バッグをかける場所にしました。
机はいずれ娘が大きくなったときに並んで座ることができるのもポイントです。息子も自分専用の机に大満足の様子で、完成後はここで作品作りにいそしむようになりました。「広いから使いやすい!」とのお言葉に一安心です。
完成した作品たちは、1番上の棚に置いておけば、天敵の娘に壊されることもありません。工作用の文房具やノート、本といった、息子の使用頻度が高いものもひとまとめに収納することができ、「欲しい!」と言われたときにサッと取り出すことができるのもラクチンです。息子用キッズスペースのおかげで、心なしか部屋がスッキリしたような気がしています。
(以下完成写真)

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。