自宅のちょっとしたお悩みをDIYで解決!
自宅のDIY体験談:福島県在住 Y・K様(主婦)

丸見えリビングに目隠しを!
間仕切りパーテーションをDIY

※ こちらは実際に自宅でDIYをされている方の “体験談” のため、ロイモールにて取り扱いのない商品もございますので、予めご了承くださいませ。

生活感溢れる全て丸見えのリビング

5年前に建てた我が家は、和室がなくワンフロアが丸々リビングになっています。
建てた当初は開放感もあり満足していたのですが、段々と不便に感じるようになりました。
和室を作らなかった理由は、和室に必要性を感じなかったことと、リビングを少しでも広く見せたかったからです。
しかし住み続けていくうちに、ワンフロアのリビングが故に目隠しとなるものが何もなく、
室内干ししている洗濯物が丸見えだったり、子供のオモチャが散乱していたりと、丸見えの状態になっていきました。
収納はすでにパンパンで、ちょっとした物を隠しておく場所がなく不便に感じていました。

目隠しパーテーションを作ろう!

そこで考えたのは『パーテーション』です。
今さら壁や和室は作れないですが、目隠しになる間仕切りぐらいは作れるだろうと思いました。ただ何か目隠しになるものがあれば、簡易的なもので良かったのです。
DIYが趣味な主人に相談したところ作れるだろうということなので、主人の教えの下、制作に取り掛かりました。

ポイントは木材の配置と間隔

材料は全て近所のホームセンターで揃いました。
2×4材と1×4材、ディアウォール、オイルステイン(塗料)を購入しました。
我が家には電動ノコギリがあるので木材のカットは楽々です。
木目を強調したかったので塗料はオイルステインを選びました。
材料が揃ったら、床から天井までの高さを図り、木材をカットし塗料を塗ります。
塗料を塗り終えたら十分に乾かします。
今回初めてオイルステインを使用したのですが、木目が良い感じに強調されたように感じました。乾いたらいよいよ組み立てです。
壁に直接釘を打ち込むことに抵抗があったので、ディアウォールを使い固定する方法にしました。この方法ならいずれ撤去したくなった時にも取り外しが簡単です。
取り付ける場所を変えたい時にも移動が楽です。
パーテーションを設置する両端に2×4の木材をディアウォールで固定し、間に2×4の木材を垂直に打ち付けます。上下2本打ち込んだら枠組みが出来上がります。
枠組みが出来たら目隠し部分となる1×4の木材を好みの間隔で打ち込んでいきます。
木材と木材の間隔があきすぎていると隙間が多くなり、目隠しになりません。
今回、5㎝の間隔をあけて1×4材を打ち付けていきました。
この1×4材を固定する際に少し角度を付けて斜めにしてみたりするのもオシャレで良いかなと思ったのですが、今回の目的は『目隠し』なので、角度をつけずに固定しました。
これで完成です。
一面だけでも十分目隠しになるのですが、製作過程を見ていた娘が「これで私の部屋をつくって!」と言い出したので、後日もう一面作ることになりました。
無事、目隠し兼娘の小部屋が完成しました。

使い道いろいろ!プライベート空間の出来上がり

これで全て丸見えだった我が家のリビングにちょっとしたプライベート空間ができました。
当初は和室の代わりになるような、洗濯物を干したりするスペースを作りたいということで計画を始めた今回のDIYです。
今は娘の小部屋になっていますが、いずれ娘の気が済んであけ渡してもらえたら、ここに畳マットを敷いてみたり、収納を設置したりして、私のプライベート空間にしたいと思っています。
約4畳ほどの小部屋の完成です。
取り外し可能なので、撤去もできますし、場所を変えたり広さを変えることもできます。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ

運営サイト ロイモールの便利なサービス

木材のカットにお困りではございませんか?ロイモールでは木材カットを承ります。

豊富なカラーバリエーション。その数なんと1320色!安心な室内用・外部用塗料をラインナップ。

買っても持って帰るのが大変な園芸用土。
ロイモールは直送でお届けできます。