浴槽は湿気が多く、タイルやタイルの周辺が傷んだり汚れがついたりしやすいものです。浴室リフレッシュして快適ばバスタイムを過ごしませんか。

必要な材料・道具・備品のリスト

ワンポイントアドバイス

浴室のカビ対策

カビを防ぐ第一条件は、湿気がこもらないようにすることです。 そのためには換気をよくして浴室に湿気をこもらせないようにします。また、壁や天井もこまめに掃除するように心がけましょう。カビ止めスプレーを使用するのもよい方法です。カビが生える前に吹きつけておくと効果があります。 カビ取り法 一度発生したカビは洗剤で拭き取っても広がるだけなので、カビ取り剤で除去しましょう。
1.換気をよくし、ゴム手袋や浴室用の靴をはき手足を保護します。ゴム手袋を折りかえしておくとたれてきません。
2.カビ取り剤を塗る時はナイロン製のハケか、広い面なら塗装用のコテバケが便利です。塗ってから5~10分そのままにしておきます。
3.ホースで水をかけながらタワシで洗い落とします。 タイル目地のカビ取り 1.タイル目地のカビが、塗るだけで取れるフェルトペンタイプの便利なカビ取り剤もあります。 浴室での作業は、必ず換気をしてください
カビ取り法

一度発生したカビは洗剤で拭き取っても広がるだけなので、カビ取り剤で除去しましょう。
1.換気をよくし、ゴム手袋や浴室用の靴をはき手足を保護します。ゴム手袋を折りかえしておくとたれてきません。
2.カビ取り剤を塗る時はナイロン製のハケか、広い面なら塗装用のコテバケが便利です。塗ってから5~10分そのままにしておきます。
3.ホースで水をかけながらタワシで洗い落とします。
タイル目地のカビ取り

1.タイル目地のカビが、塗るだけで取れるフェルトペンタイプの便利なカビ取り剤もあります。

浴室での作業は、必ず換気をしてください

タイルのひび割れ・はがれの補修

●ヒビ割れ
タイルのヒビ割れにはエポキシ系接着剤5分硬化タイプを使って埋めます。
2つのチューブから同量のボンドを出して、ヘラでよく混ぜます。
タイルはあらかじめ乾いた状態にしておきます。
よく混ぜ合わせたボンドをヒビ割れに埋め込んでいきます。
まわりにボンドがついた場合はすぐにぬれた布で拭き取ります。
●はがれ
タイルのはがれにはエポキシ系接着剤やタイル補修用接着剤を使って補修します。
<ヒビ割れ>の補修と同様に、2つのチューブから出した接着剤をよく混ぜ合わせ、タイルの裏に塗ります。
タイルを軽く押さえるようにして付着させます。
壁ならば、 仮押さえとして5分くらいセロテープで張りつけておきます。

タイル目地の欠け落ち

●目地落ちが小範囲のとき
粉末のタイル用ホワイトセメント (タイル目地材又は、タイル目地補修材)を使います。
まず欠け落ちた周囲をマイナスドライバーなどでかき落とします。
ホワイトセメント水で耳たぶくらいに練っておきます。
埋める目地を水でぬらしてから、練ったホワイトセメントを指で埋めていきます。
指に水をつけながら埋めていくときれいに仕上がります。
タイルについたセメントは、ぬれた布で拭き取り、最後にカラ拭きします。
●目地落ちが広範囲のとき
<目地落ちが小範囲のとき>と同様の材料を使用します。
練ったホワイトセメントをゴムベラで目地にすり込むように埋めていきます。
タイルからはみ出たセメントはできるだけかき取っておきます。
タイルについたセメントはぬれた布で押さえつけるように拭き取ります。
乾き始めた頃に1度、完全に乾いてからもう一度セメントを拭き取っておきます。

壁と浴槽のすきまの補修

1. 浴槽と壁面の間のすきまを新しくする場合、チューブ入りのシリコン系充てん剤(バスボンド)を使用します。 古いシールをはがします。はがれにくい場合はカッターナイフなどで取り除き、石けんなどの汚れをよく拭き取り、よく乾かします。

2. 仕上げをきれいにするためにマスキングをします。
すき間を残して両端にマスキングテープを張ります。

3. 充てん剤は、ノズルの先をすき間にあて、絞りながら埋めていきます。
この時多少盛り上がるぐらいに埋めていきます。
4. 最後に水をつけた指で押さえるようにならしていきます。
出来上がったらマスキングテープをすぐにはがします。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ