■■■ 関連リンク ■■■

必要な材料・道具・備品のリスト

作業をはじめる前にすること

★作業の前に必ず止水栓を閉めましょう
止水栓の場所を確認し、作業前に必ず閉めましょう。うっかり閉め忘れると床が水びたしになってしまいますので、忘れないようご注意ください。
◆水道蛇口のしくみ
自分で水漏れ修理を行うには、まず水道蛇口のしくみを知っておきましょう。右図にて各パーツの名前をご確認ください。

ワンポイントアドバイス

◆ご自宅の水栓のサイズをチェック!
水栓のサイズは右図のように取付ネジの大きさで決められています。一般の家庭で主に使われているのは、JIS規格の13(1/2)、直径約20mmのタイプですが、水栓ごと取りかえる場合は念のため直径サイズを測ってから作業を行いましょう。

はじめに!水漏れ箇所のチェック(箇所別の修理方法をご覧ください)

A)水道の「蛇口」からの水漏れ →
ハンドルを閉めても水道蛇口からポタポタと水漏れする場合は、コマパッキンの摩耗が原因である可能性が高いです。パッキンを交換するか、コマごと取り替えましょう。
B)パイプのつけ根からの水漏れ →
水栓とパイプをつなぐナットがゆるんでいないか調べます。ゆるんでいない場合はその部分に使われているパッキンが原因です。新しいものに取り替えましょう。
C)水栓のつけ根からの水漏れ →
水栓をねじ込んでいる部分の根元のパッキンやネジに巻いたシールが古くなってる可能性がありますので、両方を取り替えましょう。
D)ハンドル下のカバーナットからの水漏れ →
ハンドルの下からジワジワと水漏れしている場合は、ナット内の三角パッキンが劣化しています。新しいものと交換しましょう。

箇所別修理方法

A)蛇口からの水漏れ(補修する時は、必ず止水栓を閉めてください)
はじめに
1.パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使ってゆるめます。ハンドルを全開にして上部をはずします。
ピンセットが便利!
2.本体内部のコマをピンセットなどを使って取り出します。
コマのサイズと種類を確認!
3.コマのナットをはずして、パッキンを交換します。(エスコマ・節水コマは使い捨てです。)
コマのサイズと種類 コマにはいくつかのサイズとタイプがあり交換するときは同じものをみつけるのがいちばん安心です。また、タイプとしては、節水型のコマや寒冷地用の水栓に使われるスピンドルに固定するコマなどがあります。
最後は外した順序と逆に固定!
4.スピンドルに差し込んだコマを指先で軽く押さえながら、本体にはめ込みます。あとは、はずした順序と逆に固定していきます。

※ 参考(混合水栓の場合)

◆水道の蛇口から水がモレる場合 (作業の前に必ず止水栓を閉めてください。
蛇口から水漏れしている時は、本体内にある古くなったケレップ・コマやパッキンを新しいものと取り替えましょう。

箇所別修理方法

B)パイプのつけ根からの水漏れ
ナットのゆるみをチェック!
1.パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使ってゆるめます。ハンドルを全開にして上部をはずします。
水栓パイプを取りはずす
2.ナットをゆるめて、水栓パイプを取りはずしましょう。
ナットのゆるみをチェック!
1.パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使ってゆるめます。ハンドルを全開にして上部をはずします。
リングとUパッキンの取り替え
3.左図のようにパーツを分解して、リングとUパッキンを取り替えます。
締めすぎに注意!
4.Uパッキンを水栓全体にはめ込みます。(溝のある方を本体に向けます)次にナットとリングを通 したパイプを差し込んでナットを締めます。
※締めすぎないように注意しましょう。

※ 参考(混合水栓の場合)

◆パイプのつけ根から水漏れする場合
1.両方のハンドルを閉めます。パイプを接続しているナットをはずしてパイプを抜きとりましょう。
※締めすぎに注意!
2.パイプの根元についてるUパッキンとリングを新しいものと取り替えます。このときパッキンの凹部を上向きにして取り付け、ナットをしめていきましょう。あまりきつくしめすぎるとパイプの動きが悪くなりますのでご注意ください。

箇所別修理方法

C)蛇口の取りつけ部分からの水漏れ(補修する時は、必ず止水栓を閉めてください)
水栓金具の取りはずし
1.水栓レンチで水栓金具を取りはずします。
シールテープと根元のパッキン取り替え
2.古いシールテープと根元のパッキンを取りはずして、新しいものに取り替えます。シールテープは根元から軽くひっぱりながら2.3回巻きつけます。水栓金具を右回りにねじ込んで取りつけます。取りつけ後水洗金具が傾いてる場合は、シールの、巻きを増減して調節してください。

※ 参考(混合水栓の場合)

◆取り付け部から水漏れする場合 (作業の前に必ず止水栓を閉めてください)
1.止水栓を閉め、本体とクランクを接続しているナットを左右ともゆるめて本体を取りはずします。
◆パッキンの交換
2.本体とクランクの間にあるパッキンを新しいものと交換しましょう。

箇所別修理方法

D)ハンドルの下からの水漏れ(補修する時は、必ず止水栓を閉めてください)
パッキン押さえのナットをゆるめる
1.パッキン押さえのナットをウォータープライヤーを使ってゆるめます。ハンドルを全開にして上部をはずします。
三角パッキンの取り替え
2.カラービスをはずし、図のように分解してパッキン押さえの下の三角パッキンを新しいものと取り替えます。取り替えがすんだら分解した部品を組みたてて、取りつけます。

※ 参考(混合水栓の場合)

◆ハンドルの下のカバーナットから水漏れする場合 (作業の前に必ず止水栓を閉めてください)
1.止水栓を閉めてからキャップをはずします。ドライバーを使って中のビスをはずすと、ハンドルを取りはずすことができます。
◆パッキン押さえのナットをゆるめる
2.ハンドルを上へ引き抜いて、レンチを使ってパッキン押さえのナットをゆるめます。
◆三角パッキンとパッキン受の交換
3.ナットの下部にある三角パッキンとパッキン受を新しいものと交換します。パッキンを取り出すときにピンセットなどを使うとよいでしょう。
詳しい説明を動画でチェック!

DIY用品・園芸用品・生活用品・ペット用品を約7万点以上取り揃えた
大和ハウスグループのロイヤルホームセンター公式通販サイト「ロイモール」がお届けしました。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ