必要な材料・道具・備品のリスト

★ 防カビ剤 ★ 塩素系漂白剤
★ カビ取り剤 ★ 消毒用アルコール
※店舗により取扱っていない商品もございますのでご了承ください。

キッチン

● 冷蔵庫
庫内は冷気を循環させている為、カビが発生するとその胞子が全体に飛び散り、食品が汚染されます。かたく絞ったぞうきんで拭き掃除の後、消毒用アルコールでふいておきましょう。カビの栄養となる食品のかすやこぼれはすぐに拭き取り清潔に保ちましょう。

● 流しの下
湿気、こぼれた調味料などカビが発生しやすい条件が整っている場所。調味料を収納する際、新聞紙やチラシを敷き、プラスティックケースに調味料を入れておけば、汚れても簡単に掃除できます。

● 三角コーナー
ヌメリや黒ずみは古歯ブラシなどでこすり洗いし、塩素系漂白剤に1時間程度つけて除菌しましょう。

浴室

高温・多湿でカビにとってうってつけの条件が揃っています。普段から入浴後はよく水気を拭き取り喚気することを心がけましょう。浴室内でカビ取り剤を使用する際、目や肌に直接触れない様注意し、換気扇を回し、窓を開け充分に換気しながら使用してください。また酸性の洗剤と混ぜると有毒な塩素系のガスが発生するので絶対に併用してはいけません。風呂蓋やすのこ、小物入れなどは普段の手入れと週に一度、日陰干しすることでカビの発生を防げます。

げた箱

靴についた泥などの汚れ、また汗などがカビの原因になります。げた箱に収納する前に汚れをよく落としましょう。また一日履いた靴は思っている以上に汗を吸い込んでいます。すぐにしまわず一晩は玄関に置いておきましょう。靴にカビが発生した場合、ブラシは使わず、布やティッシュで拭きとり、よく乾燥させます。げた箱は拭き掃除のあとすぐに扉を閉めずよく乾燥させましょう。棚には新聞紙やチラシを敷いておきます。

押し入れ

押し入れは湿気がこもりやすい場所です。床面に直接ふとんなどを収納するのではなく、新聞紙などを敷いたうえにすのこを置きましょう。空気の通り道をつくることで湿気がこもるのを防ぎます。天気の良い日はふすまを開け、空気を循環させましょう。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ