四季折々の花、新緑そして紅葉。このような庭木にはさまざまな表情があります。これからも庭木を楽しむために、季節や成長に応じたお手入れを覚えておきましょう。

必要な材料・道具・備品のリスト

★各種庭木苗 ★有機肥料 ★化学肥料 ★スコップ
★脚立 ★刈り込みばさみ ★クワ ★木ばさみ ★剪定のこぎり
★バケツ ★剪定ばさみ ★高枝切りばさみ

※店舗により取扱っていない商品もございますのでご了承ください。

ワンポイントアドバイス

◆ 育てやすい庭木の種類
一年のうち、一定期間生長をやめて休眠する性質のものが多く、休眠期間中は地上部の茎や葉が枯れて根株だけが生き残るタイプのものと、休眠前に新芽を株元より出したまま休眠するタイプのものがあります。
   分類 花期  日照  整枝・剪定期 
 アジサイ  落葉低木   6月  半日陰の所でも育ちます。  3月・7月
 キョウチクトウ  常葉低木  6~9月  日あたりのよい場所で育てます。  4月
 サルスベリ  落葉高木  7~9月  日あたりのよい場所で育てます。  4月
 ツツジ  常葉低木  4~5月 半日陰の所でも育ちます。   5月
 バラ  落葉低木  5~11月 日あたりのよい場所で育てます。   2月・8月
 ツバキ  常葉中木  11~4月  日陰でも育ちます。  4月

 

苗木の植え込み

苗木の植え込みは、根を傷めないように十分気を付けて、ていねいに取り扱いましょう。
<苗木の植えかた>

1. 苗木の根元(縄やワラで巻かれています。)よりも大きめの穴を掘ります。
土を少量穴にもどして水を加え、よく混ぜて泥状にしておきます。

2. 泥状になった土の中に苗木を入れます。
土が根のすき間に平均にゆきとどくように苗木を前後左右に動かしながら埋め込み、
上から土をかぶせます。
3. 苗木の幹を中心にして周りに溝を作ります。この溝は水が周りに流れるのを防ぎます。
<落葉樹の苗木を植える場合>

● ウメ・カエデ等
落葉樹の苗木は一般的に晩秋から早春にかけて植え込みます。
この時期は葉が落ちているので蒸散作用がなく、
根の働きが弱くても苗木の水分が不足しません。
※蒸散作用-植物内の水分が水蒸気として葉から発散すること。

<常緑樹の苗木を植える場合>

● ツツジ・ツバキ等
年中葉を付けている常緑樹の苗木は、梅雨時に植え込みます。
高い湿度と雨の多いこの時期は蒸散作用がおさえられるので苗木がはやく根づきます。

肥料の与え方

● 枝先の位置で輪状に与えます。
1. 深さ30cm・幅20~30cmに掘ります。
2. 肥料を入れて土をかぶせます。
●お礼肥・寒肥

花木や果樹は、花を咲かせ実をつけることによって養分を消耗します。
消耗した養分を補うために与える肥料のことをお礼肥といいます。
開花直後に肥料を与えますが、効きめの早い化学肥料を与えるのがよいでしょう。

整枝・剪定

<剪定の基本>

● 正面から見て上下左右方向にバランスよく枝を交互に配置します。 。
● 枝の配置は右図のように剪定すると美しくなります。。
●真上から見て四方に枝を配置します。
●冬季剪定

落葉樹の剪定の時期です。樹木の休眠時期なので、木に負担がかかりません。
葉が落ちているので枝の長さや木全体の形がよくわかります。
常緑樹の場合は、冬よりも3~4月の新芽が出る前に剪定するとよいでしょう。
●夏季剪定

落葉樹・常緑樹を問わず、伸びすぎた枝や込みすぎた枝を整理するために、軽い剪定を行います。
木全体の形が変わるほど大きく剪定をするのは木に負担がかかるのでよくありません。
● 大きな枝を剪定することを おろす・枝おろし
● 中間の枝を剪定することを 切る
● 小枝を剪定することを  はさむ といいます。

剪定する枝の名称と特徴

●徒長枝・・・・ 飛び枝ともいいます。
枝の上の方についている芽が徒長枝になりやすく、
ほかの枝よりよく伸びるので木全体の形をくずします。
●幹吹き・・・・ 胴吹きともいいます。
幹の途中から出る枝で木の成長を弱めてしまいます。
●やご・・・・・ ひごばえともいいます。
根元から出る小枝で、サクラやサルスベリによく出る枝です。
●ふところ枝・・ 幹の中心に向かって伸びる小枝のことをいいます。
●からみ枝・・・ 交差枝ともいいます。
他の枝にからみ木全体の形をくずします。
●きり枝・・・・ からみ枝に似ていますが、主要な枝や幹にからみつきます。
●さかさ枝・・・ 下に向いて伸びる枯れやすい枝です。
●車枝・・・・・ 1カ所から何本も出る枝で、どちらかを切ります。
●かんぬき枝・・ 左右に出る枝で、どちらかを切ります。

※上記にあてはまる枝があれば先に剪定します。

●枝の切り方

● 枝を切るときは図のように、外芽の少し上を芽の方向に沿って切るのが最もよい切り方です。

<ガーデニング>

球根の育て方

園芸用具収納庫づくり

和風庭園のつくり方

ベランダ園芸

洋風庭園づくり

素敵な庭作り!芝生の張り方と育て方

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ