■■■ 関連リンク ■■■
シャワートイレ(温水洗浄便座)を取り付けよう!
必要な材料・道具・備品のリスト

【商品】
シャワートイレ

※ 店舗により取扱っていない商品もございますのでご了承ください。

作業をはじめる前にすること

★水道の元栓を必ず閉めてから作業してください。
うっかり閉め忘れると床が水びたしになってしまいますので、忘れないようにしましょう。
★混合栓のしくみ
★取り付け金具の間隔を確認しましょう。
便器の内側の長さと便座の取りつけ部分の金具の幅を正確に測る。内側の長さはレギュラーサイズのもので32~35.5cm、やや大きいエロンゲートサイズのもので36~38cm。金具の中心から中心までの幅は、国産のものはほぼ14cm。同じサイズの便座をDIY店などで探す。便座はU型とO型があるのでお好みのタイプを選ぶ。

シャワートイレ・ウォシュレットの取り付け方(便座の交換)

1.古い便座の取り外し
まず今ついている便座カバーと便座を取り外します。ボルトは便座の裏側にあります。
※商品によっては取り外し用工具が付属しています。
2.新しい便座の取り付け
シャワートイレの便座をボルトで固定しましょう。国産の便器にはレギュラーサイズと大型サイズの二種類がありますが、ほとんどの商品にアジャスト機能がついているので取り付け可能です。
3.止水栓の形状違いによる分岐バルブの取り付け
◆一般的な止水栓の場合
アングル形
ハンドル式
ストレート式
レンチとドライバーを使って止水栓の上部を取り外しましょう。そこに付属の分岐バルブを取り付けます。
◆特殊な内ネジタイプの止水栓の場合
給水管を取り外します。止水栓の上部に付属の分岐継手を取り付け、そこに分岐金具を取り付けます。 分岐継手と給水タンクを付属のフレキシブルホースでつなぎます。
step1
止水栓を閉めて給水管を取り外します。
step2
止水栓に分岐継手を取り付けます。
step3
フレキホースを取り付けます。
※給水管を取り外す際、ボールタップがタンク壁面に当たることがあります。この状態になると正常にタンクに給水されません。作業終了後は、必ずタンク内を覗いて確認してください。
4.給水ホースの取り付け分岐バルブとシャワートイレの給水口を付属のホースでつなぎます。最後に電源コンセントを差して水道の元栓を開ければ取り付け完了です。
※取り付けが終わると、シャワートイレの動作を確認して、水がタンクに正常に貯まる、止まるかどうかの確認を忘れずに行いましょう。

このカテゴリーのオススメ記事

カテゴリー

タグ